アングリルを制したコンタドール

アングリルを制したコンタドール

「これこそが『アディオス』を告げる最高のやり方だと分かっていた」(コンタドール、フィニッシュ後TVインタビューより)

今世紀最強の自転車チャンピオンが、自らの伝説を、幸せな形で完結させた。アングリルのとてつもなく恐ろしい激坂を、美しき花道に変えて、残り1発の弾丸で、アルベルト・コンタドールは人生最後のステージ勝利を射抜いた。史上最強への道をいまだ邁進中のクリス・フルームは、ついに生まれて初めてのブエルタ総合優勝に王手をかけた。

コンタドールの最後の願いは天に届いた。望み通り、冷たい雨が、山道を濡らした。天候条件が厳しくなればなるほど、戦いは厳しさを増し、きっと自分に有利になるはずだから……。かといって天然のアタッカーが、ただじっと運を天に任せるはずもなかった。スタート直後に18人が逃げだすと、すぐさまトレック・セガフレード全員で集団制御に乗り出した。スカイの手に主導権を委ねてなんかおかなかった。

「昨日の夕食時に、食卓でみんなで確認し合ったんだ。今日が僕らにとって最後のチャンスになるだろう、って。おかげでステージ前半は、チームメートが100%の力を注いでくれた」(コンタドール、フィニッシュ後インタビューより)

大会最後にふさわしく、逃げには豪華メンバーが揃っていた。しかしツール総合3位のロメン・バルデや、双子で2年連続ツール新人賞を分け合ったアダム&サイモン・イエーツ、元世界チャンピオンのルイ・コスタ、さらにはすでに今ブエルタで区間勝利を手にしているジュリアン・アラフィリップやトマシュ・マルチンスキー、シュテファン・デ二フルが束になっても、メイン集団から、決して1分45秒以上のリードを奪えなかった。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ