第18ステージを制したアルメ

第18ステージを制したアルメ

3度目の正直で、サンダー・アルメが逃げ切り勝利を手に入れた。プロ入り8年目にしてつかみとった初めての勝利だった。前日は不調でタイムを失ったマイヨ・ロホのクリス・フルームは、この日はライバルたちの無数の攻撃を巧みに捌いた。総合2位以下とのリードを開くことさえ成功した。

伝説の大逃げの地が、舞台だった。2012年ブエルタ第17ステージ、前日まで28秒差の総合2位につけていたアルベルト・コンタドールが、50kmものロングアタックを企て、そして逆転総合首位に立った。2017年第18ステージの、ラスト50kmは、まさにあの日の道を走った。ただし大きく違ったのは、5年前は、この日よりもさらに20km上った先の「フエンテ・デ」にフィニッシュラインが引かれていたこと。

それでも、多くの選手たちが、インスピレーションを得た。猛スピードでアタック合戦に挑みかかった。激しいバトルは約60kmも続き、選ばれし20人が前方へと遠ざかっていった。

途端にメイン集団は大きく減速した。なにしろフエンテ・デを教訓とするならば、まずは逃げ集団にブリッジをかけられぬよう、手筈を整えるべきだったから。こうしてスカイ隊列が緩やかにリズムを刻み、前方に最大13分半ものリードを許した。

おかげで、のこぎりの歯のように並ぶ最終盤の4峠で、逃げ集団は思いっきり攻撃合戦を繰り広げることが出来た。上りでは山岳巧者が加速し、下りでは「非」山岳巧者がスピードを上げた。たとえば序盤2つの上りでは、アルメが猛烈なテンポを刻み、ライバルたちの体力を奪いにかかった。一方でマッテオ・トレンティンは、しっかり前線に食らいつくと、2つ目の山頂から猛ダッシュで下りへと突っ込んだ。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ