グランツールで初めて区間優勝したデニフル

グランツールで初めて区間優勝したデニフル

雨と、霧と、「痛みの山」と言う名の超激坂。ただでさえドラマチックな背景を利用して、アルベルト・コンタドールが美しくも切ない物語を描き上げた。マドリード到着まで残りわずかだというのにマイヨ・ロホのクリス・フルームは減速し、ヴィンチェンツォ・ニーバリは総合優勝の希望をわずかにつないだ。序盤から逃げたシュテファン・デ二フルが、偉大なるチャンピオンの追走を振り切って、初めての勝利を射止めた。

2週間の疲労が蓄積したせいか、それとも行く先にそびえ立つ最大28%(!)というまだ見ぬ激坂に、恐れをなしたのか。大会に生き残った162選手は、めまぐるしい飛び出し合戦を繰り広げる代わりに、むしろ慎重に加速の機をうかがった。それでもスタートから5km、アクアブルースポートがタンデム式アタックで突き進むと、デ二フルを前線に送り出した。ひとり、またひとり、と勇敢な選手たちが前方に集った。打ち止めに、17km地点で走り出してきた山岳ジャージ姿のダヴィデ・ヴィッレッラが、追いついた。6人の逃げ集団が出来上がった。

ここでプロトンは厚いカーテンを閉じた。チームスカイがいつもと変わらぬ制御隊列を組み上げた。ボーラ・ハンスグローエがちょっとした謀反を試みたこともあった。さらには強風吹き抜ける高原の一本道で、なんとなくプロトンが細かく分断してしまったこともあった。しかしそれ以上は何も起こらなかった。ただスカイの手のひらの上で、粛々と、プロトンはペダルを回し続けた。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ