ヴィンチェンツォ・ニーバリ

ヴィンチェンツォ・ニーバリ

2度目の休息日が明け、マドリードへ向けた最終山岳バトルに入る前に、総合順位の軽いシャッフルが行われた。アルベルト・コンタドールは人生最後の個人タイムトライアルを力強くまとめ、総合5位に浮上した。ウィルコ・ケルデルマンは前評判通りの優れたTT能力で総合3位の座に返り咲き、ほんの3区間前まで表彰台の位置を守っていたエステバン・チャベスは9位へと陥落した。頂点はまったく揺るがなかった。大会に生き残る164選手中、しんがりに登場した赤き衣のクリス・フルームが、区間も総合も首位の座に君臨した。

タイムトライアルの圧倒的な強さで、生涯にグランツール総合7勝を手にしたミゲル・インドゥラインのお膝元で、スペシャリストたちが本領発揮した。2014年のジュニア世界選手権個人TTチャンピオン、レナード・ケムナが真っ先に大きなセンセーションを作り出した。4日後に21歳の誕生日を迎えるという今ブエルタぶっちぎりの最年少選手が、とてつもない好走を披露したのだ。最終的にも区間8位に入る大健闘だった。

全長40.2kmの孤独な全力疾走で、いわゆる「標準タイム」を記録したのは、106番スタートのトビアス・ルドビグソンだ。前日じっくり下見に出かけたというスウェーデンTTチャンピオンは、コース序盤にボトルケージが破損するハプニングに見舞われた。水分補給が思うようには出来ない……そんな苦境をはねのけて、暫定首位となる48分07秒71でフィニッシュ。その後161番スタートのコンタドールにタイムを塗り替えられるまで、約1時間20分に渡って首位を満喫することになる。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ