第11ステージを制したロペス

第11ステージを制したロペス

長い山道と、標高の高さと、降り続いた冷たい雨が、総合争いの顔ぶれを大きく入れ替えた。現役でただ2人の全3大ツール覇者、ヴィンチェンツォ・ニーバリとアルベルト・コンタドールが存在感をいよいよ増し、ツール総合4勝のクリス・フルームはマイヨ・ロホを堅守した。ミゲル・アンヘル・ロペスモレーノが誰よりも速く、強風よりも強く、高い山をひとっ飛びで、初めてのグランツール区間勝利を手に入れた。

ひどい雨を構わずに、大量の選手が熾烈なアタック合戦を開始した。特に前日15分近く(あえて)落とし、総合でもたっぷり21分以上の遅れを喫したロメン・バルデが、積極的に前方への飛び出しを繰り返した。生まれて初めてフランス国外のグランツールを走り、「発見と自己発見」を楽しんでいるツール総合3位は、50kmにも渡る駆け引きを制してまんまと逃げに滑り込んだ。

出来上がった強豪揃いの14人の逃げ集団の中で、フルームとスカイボーイズたちを悩ませたのは、むしろイゴール・アントンの存在だったはずだ。バスク人ヒルクライマーは今から11年前に、まさに同じフィニッシュ地を、やはり雨の中で勝ち取っている。なにより総合では5分54秒遅れでしかない。ただでさえ濡れた路面で、先頭集団に大量のリードを許すのは危険だった。だから、この日もまた、せっせとスカイは制御列車を走らせた。タイム差は5分程度に抑えた。

フィニッシュまで57km、突如としてコントロール権をオリカ・スコットがむしり取った。朝の時点で総合2位につけていたエステバン・チャベスによると、これぞ「作戦」だったという。2選手が先頭に駆け上がると、猛烈な牽引を開始した。その時点で4分20秒ほどあった両集団の差は、みるみるうちに縮まっていく。わずか10kmほど走っただけで、タイム差は2分を切った。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ