今大会2勝目をあげたトレンティン

今大会2勝目をあげたトレンティン

「まさかスプリンターが勝つとは、大部分の人は予想していなかっただろうね」とフィニッシュ後に語った通り、第4ステージに大集団スプリントを仕留めたマッテオ・トレンティンが、この日は山越え後の一騎打ちを制した。緑色のジャージさえもクリス・フルームから取り戻した。大会3日目から赤ジャージをしっかり身にまとっている総合リーダーは、ダウンヒルを上手く利用した総合3位ニコラス・ロッシュから、29秒を縮められた。

休息日明けのプロトンは、小雨ぱらつく中を、とてつもない猛スピードで走り始めた。序盤はたしかに道が下り基調だったとは言え、スタートからの2時間で記録された時速は、なんと52.3km!しかも全力でのアタック合戦は、実に90km近くも続けられた。ようやく18人が、先に行く権利をもぎ取った。

そこまでして逃げたい理由があった。例えばトレンティンは「しばらく前からこのステージに目をつけていた」そうだ。例えばホセ・ホアキン・ロハスやルイス・レオン・サンチェスにとっては、地元ムルシアのステージだった。バーレーン・メリダから滑り込んだ2人は、朝のミーティングで、前方待機を命じられていた。なにしろ最終盤に3級と1級の山岳が立て続けに登場し、しかも1級山頂からフィニッシュまでは約22kmのダウンヒルという地形は、チームリーダーのヴィンチェンツォ・ニーバリにぴったりだった。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ