2010年にダヴィド・モンクティエが制してから7年。同じフランス人のジュリアン・アラフィリップが、ショレト・デ・カティの激坂で勝ち鬨を上げた。背後では現役のグランツール2大チャンピオンが見事な競演を披露した。アルベルト・コンタドールは総合争いへの希望をつなぎ、マイヨ・ロホ姿のクリス・フルームは、コンタドール以外の全てのライバルから、わずかながらも貴重なタイムを奪い取った。

暴力的な勾配が、1日の終わりに待ち構えていた。全長わずか5kmながら、総合リーダーのフルームが「レースが粉々に砕け散ってしまうだろう」と予言した激坂へ向けて、恐れを知らぬ者たちが飛び出して行った。どうしても逃げに乗りたかったアラフィリップは、チームメートのマッテオ・トレンティンに耳打ちをした。「前に連れて行って欲しい」と。

約40kmも続いた飛び出し合戦には、あえて加わらなかった。大きな集団が遠ざかっていくのをひたすら待った。それからトレンティンが、前方へ向けて猛スプリントを切った。第2ステージにはイヴ・ランパルトの区間勝利をお膳立てし、第4ステージは自らが勝利を仕留めた男が、発射台役を喜んで務めてくれた。おかげでアラフィリップは、楽々と逃げに滑り込むことができた。

ちなみに第5ステージでも、アラフィリップは前方に飛び出している。しかしあの日は、ほぼ全員から執拗なマークを受けて、最後には疲れ果ててしまった。だから今回は「警戒を逃れるため先頭交代に加わりながらも、体力を使いすぎてしまわぬよう注意した」(byアラフィリップ、フィニッシュ後インタビューより)。

21人のエスケープ集団内では、他にも素晴らしいチームワークが見られた。ステージ途中に2つ待ち構えていた3級峠では、ダヴィデ・ヴィッレッラの青玉ジャージを守るために、チームメイトのブレンダン・キャンティがせっせとライバルをけん制する姿が目撃された。なにより前方に3人を送り込んだボーラ・ハングスローエは、ラファル・マイカに区間勝利をもたらそうと、2人のアシストが模範的な献身を尽くした。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ