レスター・シティの出来は決して悪くない。敗れはしたものの、開幕節のアーセナル戦では3ゴールを奪い、続くブライトン&ホーブ・アルビオン戦は格の違いを見せつけ、2−0の快勝を収めている。前線と中盤の連動によるショートカウンターは、優勝した一昨シーズンを彷彿とさせる破壊力だ。また、ダニー・シンプソン、クリスティアン・フクスの両サイドバックも頻繁に攻撃参加し、今シーズンのレスターはより攻撃的に振る舞うようになっている。

ただ、相手ボールになった際、4+4のブロックがややアンバランスだ。とくに右サイドである。守備時の対応が各方面から指摘されるリヤド・マフレズは、前に出すぎていたり、中に絞りすぎていたり、ポジショニングが曖昧だ。フクスとマーク・オルブライトンを擁する左サイドの連携がスムースだけに、右サイドはいびつに映る。そして第3節、レスターの対戦相手はマンチェスター・ユナイテッドだ。

開幕から二戦二勝。ともに4−0の圧勝。攻守ともに隙がなく、完璧といって差し支えないスタートを切った強豪との一戦には、小さなミスも許されない。しかも敵将ジョゼ・モウリーニョは百戦錬磨だ。戦略・戦術スタッフ担当の副官と綿密なミーティングを重ね、レスターの弱点を徹底的についてくるだろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ