3人によるゴールスプリントを制したマルチンスキー

3人によるゴールスプリントを制したマルチンスキー

クレイジーすぎる1日だった。5つの峠が散らばる200km超のステージを、プロトンは時速42.727kmの超ハイスピードで駆け抜けた。逃げ集団は一時は37人にまで膨れ上がり、最終的に絞り込まれた3人から、トマシュ・マルチンスキーがスプリント勝利をさらい取った。アルベルト・コンタドールはメイン集団にとてつもないカオスをもたらし、数人の総合有力候補がタイムや「皮膚」を失った。

集団は猛スピードで走り出した。とびっきり逃げ向きのコースで、約50kmにも渡って激しいバトルは繰り返された。ようやく大きな塊が前方へ遠ざかっていったのは、1つ目の峠を山道に突入してから。逃げへの切符を手に入れたのは37人!チームスカイとオリカ・スコットを除く20チームが、前線に選手を送り込んだ。

逃げが一旦出来上がった後も、まるで落ち着きを取り戻さなかった。後方でスカイが隊列を組み上げ、いつも以上に恐ろしいテンポを強いたからだ。先頭集団の人数が多すぎたからであり、総合でわずか3分24秒遅れのルイス・レオン・サンチェスの存在が目障りだったからでもある。おかげで前も後ろもスピードはちっとも下がらず、ほっとする時間など一切存在しなかった。

3つ目の山頂を越えると、さらに雰囲気は慌ただしくなる。ダヴィデ・ヴィッレッラが2日連続の山岳ポイント収集に勤しみ、ダルウィン・アタプマが青玉ジャージへの野心をむき出しにした直後のことだ。下りを利用して、逃げ集団から、マキシム・モンフォールとボブ・ユンゲルスが弾丸のように飛び出した。35人を一瞬で置き去りにすると、凄まじい高速ダウンヒルへと繰り出した。

逃げのライバルたちには、一時は50秒もの大差をつけた。ただしフィニッシュまで100kmも残しての、2人ぼっちのアタックは、志半ばで打ち切られることになる。逃げに大量4選手を滑り込ませていたアスタナが、30kmほど先で、突如として回収に動いたからだ。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ