最終峠は3.4kmと極めて短く、極めて烈しかった。逃げのライバルを全て振り払ったアレクセイ・ルツェンコが、海の見える高台へ単独でよじ登ると、生まれて初めてのグランツール区間を手に入れた。総合勢の多くが激坂に苦しんだ一方で、2日前に体調不良でタイムを失ったアルベルト・コンタドールは、自分がいまだ終わってなどいないことを祖国のファンの目の前で証明してみせた。チームメイトたちの凄まじい献身に支えられたクリス・フルームは、また1日、着実にマイヨ・ロホを守った。

2017年のスペイン一周がようやく、100%スペイン国内の戦いを迎えた。多くの選手にとっては、待ちに待った、大会初めての逃げ切りのチャンスでもあった。スタート直後から、数人ずつの小さな塊が、次々と飛び出していった。ついには17人の大きな逃げ集団を作り上げた。

行く手には5つの山が待ち構えていたから、当然ながら、集まったのはかなりの脚自慢ばかり。中でも第3ステージで逃げ、いち早く山岳ジャージをまとっていたダヴィデ・ヴィッレッラが、この日も熱心に山岳ポイント収集に励んだ。4つ目の峠まで全て先頭で駆け抜けて、通算18ptを懐に入れた。ルイス・ギリェルモ・マスが毎回のように戦いを挑んできたけれど、昨秋のジャパンカップ勝者が脅かされることはちっともなかった。

しかし本人が「もしかしたら山岳ポイント収集にエネルギーを集中しすぎて、最終盤に輝けなかったのかも」(チーム公式リリースより)と振り返るように、青玉ジャージはしっかり着込んだけれど、区間争いには絡めなかった。なにしろヴィレッラは、4つ目の上りで、あまりにも寛大すぎた。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ