2戦2敗……。フランク・デブール新監督率いるクリスタルパレスは、重苦しいスタートになった。

開幕戦はホームにもかかわらず、チャンピオンシップ(実質2部)から昇格してきたハダーズフィールドに0−3の完敗。マークがズレ、ペナルティーボックス内でフリーのシュートを許すシーンも少なくはなかった。この反省を踏まえた第2節のリバプール戦(アウェー)は守備の意識こそ改善されていたが、攻撃はクリスティアン・ベンテケの高さに頼るしかなかった。サイード・マネに奪われた1点を返すプランとしてはあまりにも単調だ。

一朝一夕にして、監督のスタイルが浸透するはずがない。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督ですら、チームの構築は本人の予想より遅れているに違いない。ましてクリスタルパレスは、シティに比べると戦力的に落ちる。現有勢力の限界というものを経営陣も把握し、ある程度の時間をデブール監督に与えなくてはならない。

まして、4バックから3バックに変更しようとしているのだから、選手間が相互理解を深めるまでにはそれなりの試合数が必要だろう。アヤックス・アムステルダムから獲得したヤイロ・リーデバルト、マンチェスター・ユナイテッドからローン移籍しているティモシー・フォスメンサーといった新戦力が最終ラインのレギュラー候補である現状も踏まえると、即効性を期待するのは酷というものだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ