ラグビーニュース

現地時間8月12日、南アフリカのブルームフォンテーンで、強豪校として知られるグレイ・カレッジ(ブルームフォンテーン)の15歳以下のチーム「U15D」が、221−0でグレンウッド(ダーバン)を下した。グレイ・カレッジは元南アフリカ代表で元東芝のフランソワ・ステインら、多くの代表選手を輩出しているラグビー名門校。

前代未聞の圧勝劇が起きたのは、両校間で行われた19試合のうちの1試合。グレイ・カレッジはその他の試合でもグレンウッドを圧倒し、スポーツ情報サイト『sports 24』によれば、グレイ・カレッジの19試合の合計得点は「1998」、合計失点は「119」で、1試合平均のスコアは「105−6」。トップチーム同士による対戦でも83−10でグレイ・カレッジが圧倒した。

この結果を受けて、両校のトップチームの指揮官は再発防止に努める旨のコメントを発表している。

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

\8月18日開幕/
ジャパンラグビー トップリーグ17/18
J SPORTSで全試合放送!

★特集ページはこちら≫

J SPORTSオンデマンドでは全試合見逃し配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)

※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ