ゴールスプリントを制したトレンティン

ゴールスプリントを制したトレンティン

2日前にはチームメートの勝利をお膳立てしたマッテオ・トレンティンが、今回は自らがスプリント勝利を収めた。アンドラ公国で総合首位に立ったクリス・フルームは、大会の本国スペインに堂々と赤ジャージ姿で入場した。6年前はわずか1日でマイヨ・ロホを手放してしまったけれど、平坦ステージ特有のナーバスな最終盤も危なげなく乗り切って、今大会2枚目の赤いジャージを受け取った。

ピレネー山脈で繰り広げられたとんでもない激戦の翌日には、灼熱地獄が襲い掛かった。気温は摂氏40度近くまで上昇し、強烈な日差しがプロトンの肌をちりちりと焦がした。ただ幸いにも、コース自体は、それほど厳しくはなかった。地中海岸のビーチリゾートへと続く道は、全体的にほぼ平坦で、中盤に3級峠がひとつ待ち構えているだけ。だからこそ酷い暑さにも負けず、スタートから6kmほど先で、ヨアン・ルボン、ステファヌ・ロセット、ディエゴ・ルビオ、ニコラス・シュルツ、ファン・フェリペ・オソリオの5人が元気よく飛び出していった。

マイヨ・ロホを護衛するために、ステージ前半は、チームスカイがきっちりと制御を行った。逃げ集団内で最も総合上位につけるロセットが、フルームからちょうど10分遅れだったため、最大8分までリードを許すことにした。それ以上のタイム差を与えたくなかったのは、スプリンターチームだって同じだった。数少ない区間勝利のチャンスを、みすみす逃すつもりなどなかった。ステージも半ばに差し掛かると、スカイから主導権をむしり取った。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ