リーダーとなったフルーム

リーダーとなったフルーム

アンドラの山からのダウンヒルは、スリルとサスペンスでいっぱいだった。プロトン屈指の名ダウンヒラー、ヴィンチェンツォ・ニーバリが区間勝利をさらい取り、開幕わずか3日目でクリス・フルームがマイヨ・ロホを身にまとった。スペイン一周に大量に押し掛けた総合上位候補の中から、あっというまに、今大会のメインキャストの姿が浮かび上がってきた。

「今大会の優勝候補が、先頭集団に残った9人に絞り込まれたと決めつけてしまうには、まだ早すぎる。この先は長いし、難しいステージはたくさん残っている。とにかく、間違いなく、面白いブエルタになるだろうね!」(ニーバリ、フィニッシュ後インタビューより)

頭上には焼け付くような太陽、足元には険しいピレネーの道。出走直後から1級ペルシュ峠目掛けて上り始めると、すかさず8選手が逃げ出した。中でも7月のツールで通算1000kmを超える逃げを打ちながらも、山岳賞もスーパー敢闘賞も貰えず手ぶらでベルギーに帰ったデヘントが、大急ぎで2017年ブエルタの記念すべき最初のエスケープ集団を作り上げた。ちなみに今大会の目標は「3大ツールの全てで区間勝利を取った史上100人目の選手になること」らしいが、残念ながらこの日の目標達成はお預けとなる。

なにしろマイヨ・ロホ擁するクイックステップフロアーズが、集団をきっちり制御し、5分以上のタイム差を許そうとはしなかった。さらに長い谷間に入ると、スカイが主導権をむしり取り、いつものように厳しく正確なテンポを刻み始めた。アンドラ公国への訪問を控えて、8人を容赦なく追い詰めていった。ピレネーの小国にいよいよ足を踏み入れ、1級ラバッサ峠の終盤で、UAEチームエミレーツが突如として攻撃に転じたのが決定打となった。逃げの中で最後まで抵抗を続けたアレクサンドル・ジェニエとダヴィデ・ヴィッレッラも、残り27km地点で、後方へと引きずりおろされた。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ