ひどく風の強い日だった。糸杉は大きくたわみ、カサマツはざわざわと轟音をたてた。海沿いの道では、暴力的な突風も襲い掛かった。誰もが予想した通り、横風職人集団が手際よく作品を完成させた。前日のチームタイムトライアルをわずか6秒差で終えたクイックステップフロアーズは、ラスト2kmで分断を作りだすと、イヴ・ランパルト を単独前方へ送り出した。母国ベルギーでは「トム・ボーネンの後継者」と呼ばれる若き健脚ルーラーが、生まれて初めての区間勝利はもちろん、チームの狙い通りに真っ赤なジャージをさらい取った。13人の小さな先頭集団にはヴィンチェンツォ・ニーバリが上手く滑り込み、あらゆる総合ライバルから、ほんのわずかながらタイムを稼ぐことに成功した。

誰も予想できなかったこともあった。3週間で最初のラインステージだというのに、逃げを試みる選手がいなかったのだ!コース上には一切の峠がなく、つまり山岳賞というご褒美がなかったせいかもしれない。ジロのように大逃げ賞もないし。たしかに敢闘賞はあるけれど、どうやら平坦ステージで積極的に逃げる理由にはならなかった。

逃げたい選手もいなければ、集団を積極的に制御したいチームも存在しなかった。マイヨ・ロホを含む全4色ジャージを擁するBMCレーシングさえ、前夜の「ジャージを失っても問題ない」(by.ローハン・デニス)との宣言通り、プロトン前線で隊列を組もうとはしなかった。複数の総合系チームが、ただ前方で静かにペダルを回した。

夏の午後の退屈な自転車旅行は延々と続いた。フィニッシュ手前75kmで、横風を利用した分断の試みが起こったが、ほんの数キロ先であっさり波は引いた。すぐ直後にはクリス・フルームがメカトラで一旦停止するも、幸いなことに、優勝候補を出し抜こうとする非紳士的行為は見られなかった。残り50km地点では踏切での一時停止を余儀なくされたけれど……、そもそも1人も逃げていなかったから、なんの問題もなかった。

お知らせ

☐ ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017
全ステージ独占生中継!
»詳しくはブエルタ・ア・エスパーニャ特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ