チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、どのような人選でトッテナム・ホットスパー戦に臨むのだろうか。

開幕のバーンリー戦で一発レッドの愚行を犯したガリー・ケイヒルは3試合の出場停止が濃厚で、二度の警告で退場処分となったセスク・ファブレガスも、スパーズ戦には出場できない。ヴィクター・モーゼスの出場停止処分が解かれ、開幕戦を欠場したペドロ・ロドリゲスも急ピッチに仕上げているが、主力2選手の不在は小さくないダメージだ。

カギを握りそうな選手は、ダビド・ルイスである。ファブレガスが使えず、ティエム・バカヨコの負傷も癒えていないいま、チェルシーの中盤センターは深刻な人材難に陥った。計算できる戦力は、エンゴロ・カンテただひとり。スピードにあふれ、なおかつ分厚い攻撃パターンを持つスパーズの攻撃に対応するためには、汎用性があり、なおかつ闘争本能にあふれたD・ルイスを一列上げることが最善の選択だ。ビッグファイトを楽しめる開放的な性格も、急場をしのぐ好材料である。

そして最終ラインはセサル・アスピリクエタ、アントニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセン。右ワイドにモーゼス、左はマルコス・アロンソ。前線にアルバロ・モラタ、ペドロ、ウィリアンの先発が有力だ。強化担当の不手際もあり、現在のチェルシーは人材が限られている。戦略家のコンテ監督をもってしても、そのプランを狭めるしかない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ