今大会初優勝したペーター・サガン

今大会初優勝したペーター・サガン

スタートからフィニッシュまで、まさしくアルデンヌクラシック風のコースで、「現時点では」どちらかと言えばフランドル派のペーター・サガンが勝利を上げた。最終坂で力試しを仕掛けた総合本命たちや、並み居る起伏スペシャリストたちを退けて、世界チャンピオンの実力を思う存分に誇示した。ペダルが外れるハプニングさえ、サガンにとっては、ちょっとした逸話に過ぎなかった。

アルデンヌクラシックの王、フィリップ・ジルベールの故郷から走り出し、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュをキャリアを通して愛し続けたアンディ・シュレクの母国を駆け抜け、そしてツール・ド・フランスの本国フランスへと帰り着いた。嬉しいことに、すでに長い長い夏休みに突入したバカンス大国への帰還に合わせて、本格的な夏もやって来た。強い陽光と、青い空と、そして色とりどりのジャージたち!

開幕からの2日間、冷たい雨や落車に苦しんできた選手たちも、ようやく思いっきり弾けることができた。上下左右にうねりの効いた道で、本スタートの旗が振り降ろされると同時に、めくるめくアタック合戦の火ぶたが切って落とされた。

積極的に仕掛けたのは、やはりロット・ソウダルとワンティ・グループゴベールのベルギーチームだった。ディレクトエネルジー やチームフォルテュネオ・オスカロというフレンチ集団も、代わる代わる加速を切った。前夜に大会初のマイヨ・ア・ポワを手に入れたキャノンデール・ドラパック プロフェッショナル サイクリングチームも、コース上に5つの山岳ポイントが散らばるこの日も、改めてジャージへの意欲を示した。トーマス・デヘント、トマ・ヴォクレール 、シルヴァン・シャヴァネルといった現役指折りの大逃げ巧者も、幾度も前線に現れ出ては、逃げ切りを許すつもりのないプロトンから引きずり降ろされた。最終的にはスタートから13kmで、上記5チーム+チーム カチューシャ・アルペシンの6人が、先行を認められた。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ