世界中の猛者達が集結するジャパンカップサイクルロードレースの開催地として知られる栃木県宇都宮市。今年は本家ツール・ド・フランスを参考に、「ツール・ド・栃木」と称したラインレースも実現。これら活動を支える宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正氏と那須ブラーゼンの若杉厚仁氏がツール・ド・フランスに魅せられた自転車人生を語る。(3/4)
取材日:2017年5月22日

ARCHIVE
【Vol.1】「ツールってこんなにかっこいいんだ」
【Vol.2】ツールの魅力は「やっぱり、熱量」
【Vol.3】クリス・フルームは僕らからしても異常
【Vol.4】ツール・ド・フランスは永遠に目標とする場所

PROFILE

廣瀬佳正
宇都宮ブリッツェン・ゼネラルマネージャー。ブリヂストンアンカー、スキル・シマノなどのチームを経て、栃木のプロロードチ−ム「宇都宮ブリッツェン」設立に尽力し、自らも選手として活躍。09年のジャパンカップでは山岳賞を獲得した。
若杉厚仁
spacebikes.com でロードデビューし、当時の実業団BR-1(現在のE1)で年間ランキング1位となり、宇都宮ブリッツェンに加入。2009年JサイクルツアーBR-1ランキング1位。現・那須ブラーゼン代表取締役。

——ツール・ド・フランスの注目選手を教えてください。
廣瀬:クリス・フルームに注目が集まっていると思いますが、ここに来てチーム・スカイの状況があまり良くないように感じています(取材日:5月22日)。マネジメントが完璧なスカイに若干影が見えてきているので、それが選手達にどう影響するのか気になります。一方でクイック・ステップがとても良い。

若杉:各チームいろいろ動きがありましたよね。バーレーンやボーラなど。各チームがどう影響し合うのか注目ですね。

廣瀬:今年は総合争いは予想しにくいです。

——あえて一人あげると?
廣瀬:立場的にはバーレーン・メリダを言わなくちゃいけないんですけど(笑)

アルベルト・コンタドール

アルベルト・コンタドール

…コンタドールですかね。今年はとらないといけないと思います。動物的な感覚ですが、今年とらないと今後厳しいと思います。年齢的にも。

若杉:総合的にはフルームなのは間違いないですよね。彼を中心にレースが回ると思います。

——選手補強したボーラ・ハンスグローエはいかがですか?
若杉:サガンの動きは総合というよりはステージでしょうけど、マイカとかがどう関わるかですよね。

廣瀬:総合ではマイカ、ポート、バルベルデ、コンタドール辺りでしょう。

若杉:ポートは浮き沈みがある印象もありますよね。

廣瀬:モレマはコンタドールとトレックのダブルエースになりますが、モレマはジロに出ているのでエースはコンタドールになると思います。

若杉:サガンがツールをどのように走るのか。年々変化してきている印象です。単純にポイント賞やステージを獲りに来るのか、色々な面白い動きが期待できますよね。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ