世界中の猛者達が集結するジャパンカップサイクルロードレースの開催地として知られる栃木県宇都宮市。今年は本家ツール・ド・フランスを参考に、「ツール・ド・栃木」と称したラインレースも実現。これら活動を支える宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正氏と那須ブラーゼンの若杉厚仁氏がツール・ド・フランスに魅せられた自転車人生を語る。(2/4)
取材日:2017年5月22日

ARCHIVE
【Vol.1】「ツールってこんなにかっこいいんだ」
【Vol.2】ツールの魅力は「やっぱり、熱量」
【Vol.3】クリス・フルームは僕らからしても異常
【Vol.4】ツール・ド・フランスは永遠に目標とする場所

PROFILE

廣瀬佳正
宇都宮ブリッツェン・ゼネラルマネージャー。ブリヂストンアンカー、スキル・シマノなどのチームを経て、栃木のプロロードチ−ム「宇都宮ブリッツェン」設立に尽力し、自らも選手として活躍。09年のジャパンカップでは山岳賞を獲得した。
若杉厚仁
spacebikes.com でロードデビューし、当時の実業団BR-1(現在のE1)で年間ランキング1位となり、宇都宮ブリッツェンに加入。2009年JサイクルツアーBR-1ランキング1位。現・那須ブラーゼン代表取締役。

——ツールの思い出をお聞かせください。
廣瀬:同級生の宮澤崇史とフランスのクラブチームに派遣されていた時、近くでツールのステージが行われるので、ブリジストンのジャージを着て練習がてら見に行きました。目の前でツールの集団が走って行った時、当時の僕もあの舞台を目指していましたから、すごく悔しかったんです。あそこに自分は行きたいのにどうしてお客さんとして観ているんだと。

若杉:ライバルを見る目線だったんですね。

廣瀬:当時はアームストロングがいて、「アームストロングだ!」とか「ローラン・ジャラベールだ!」とか、完全に隣にいる少年と同じこと言ってましたよね(笑)

実際に生で見て、フランスにいると毎日ニュースも流れるし、新聞にも載るし、近くにいればみんな観に行くし・・・文化ですよね。だからヨーロッパではメジャースポーツだし、選手としても悔しかったし、ロードレースを愛している日本人として、そこまで至っていない日本の状況を痛感し、悔しくなりました。

——これだけ魅力的なスポーツをもっと日本に普及させるために必要なことは?
若杉:競技そのものがよく分からない方は多いと思いますよね。

廣瀬:目に触れる機会が少ないですよね。でも一度見ると皆さん結構はまるじゃないですか。だから、一度見るきっかけがあれば、日本人はツール・ド・フランスもそうですけど、サイクルロードレースに魅了されると思いますけど。

ランス・アームストロング

ランス・アームストロング

若杉:僕が一番最初に買ったロードレースのDVDはランス・アムストローグが7連覇するDVDBOXだったんです。それをたくさん見て自転車の道に進もうと思いましたし、夜はローラーに乗りながらそのDVDを観て、毎日トレーニングしていました。

廣瀬:今でこそあんなことになっちゃいましたが、当時は世界中の自転車ファンの憧れだったからね。

若杉:だから、僕にとってはあのDVDを手にとったことがはじまりでした。

廣瀬:あのJ SPORTSさんから出てるやつね。

若杉:そうですね(笑)

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2017
世界初!ツール・ド・フランス 全21ステージ
スタートからフィニッシュまで完全生中継
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ