堀島行真

世界的ポテンシャルの高さを示した堀島。19歳という若さも魅力的。20歳での五輪挑戦もグッドタイミング

秋田たざわ湖での日本チームは、シングルで堀島行真(中京大学)が激しいアタックを見せた。予選ではただ一人22秒台と全選手中最速の滑りで2位通過。さらにファイナル1では、ダブルフルとコーク1080と最高難度のエアを組み合わせ、スピードはここでもラップタイム。結果3位で勝ち抜け。スーパーファイナルでは暴走し、最終結果は6位だが、鮮烈な印象を残した。
一方、四方元幾(愛知工業大学)は絶好の予選5位スタート。ファイナル1で8位と、自身初めてのW杯一桁順位。第1エアで飛ぶコーク1080が高評価だった。
予選では10位だった原大智(チームジョックス)も加え、日本チームが3人10位以内。メンズ組は、層が厚くなってきている。

四方元幾

四方は23歳となり、最も脂の乗り切る頃だ。得意のエアを生かして、さらなるレベルアップに期待

さて、今週末は中国での2連戦。この後世界選手権はあるが、W杯としては最終戦だ。
2022年の北京五輪とは別の会場のようだが、運営をならしていく狙いもあるよう。かつてはいなかった選手も、ここ数年毎年W杯参戦している。そして中国チームは元アメリカチームのコーチを招聘し、5年後を目指している。この新展開は要注目だ。

photo

Bravoski(ブラボースキー)
今年で創刊32周年を迎えた双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンBravoski.comは毎日更新中。

お知らせ

ジャンプ週間全4戦を含む男子注目大会を17戦以上生中継中心に放送&オンデマンド配信!

フリースタイルスキーFIS ワールドカップ 16/17 男女モーグル
太舞/中国
2月25日 (土) 午後2:20〜 J SPORTS 3
フリースタイルスキーFIS ワールドカップ 16/17 男女デュアルモーグル
太舞/中国
2月26日 (日) 午後10:00〜 J SPORTS 1
>>特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ