先週末はケベック州ヴァルセントカム大会、今週はアルバータ州カルガリー大会と、今モーグルW杯はカナダでの連戦中だ。
今季は上位進出者に新鮮な顔ぶれが増え、カナダの一強体制は崩れるかと思われた。しかし、地元に戻ったら、そのパワーはフルスロットルに戻った。

女子は、優勝ジャスティン・デュフォア・ラポイン、2位アンディ・ノード、3位クロエ・デュフォア・ラポイン、4位オードリー・ロビショウ。表彰台どころか4位まで、カナダ勢で独占した。開幕連勝中だった絶好調ブリテニー・コックス(オーストラリア)も、5位へと引きずりおろされた。
男子は王者ミカエル・キングスベリーが、86.44と高得点。2位に4点以上差をつけて圧勝した。
それにしても、カナダチームは自国、特にケベック州の大会で強い。昨シーズンのヴァルセントカム大会では、デュフォア・ラポイン三姉妹で表彰台独占だった。

ジャスティン・デュフォア・ラポイン

女王ジャスティンの今季は、第3戦で初優勝。五輪、世界選手権のビッグゲームさらに地元大会に滅法強い。

ミカエル・キングスベリー

2戦目で苦杯を喫したミカエルは、3戦目ではキングの力を見せつける圧勝。まだ誰も追いつけない?

お知らせ

ジャンプ週間全4戦を含む男子注目大会を17戦以上生中継中心に放送&オンデマンド配信!

フリースタイルスキー FISワールドカップ 男女モーグル 16/17 カルガリー/カナダ
2月1日 (水) 午後7:30〜 J SPORTS 1
>>特集ページ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ