スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2016−2017シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます! 今回は年末スペシャルとして、ISUテクニカル・スペシャリストの神崎範之さんが登場。大学時代のお話しや、番組からの質問コーナーなどここでしか聞けない対談をお楽しみください!

スケートと勉強の両立

――スケートの方もうまいんですけど、もちろん勉強の方も

神崎:ああ、まあそれなりには。

――そこはやっぱ否定はしないんだ(笑)

神崎:まあ、それなりにはやってきたかなって(笑)。

――やっぱり人一倍勉強は?

神崎:まわりが結構そういう環境で育ったというか。

――だって、大学がどこでしたっけ?

神崎:京都大学ですね。

――あの京都大学?

神崎:あの京都大学です(笑)。

――やっぱ京都大学っていったらさ、俺の中のイメージでは日本の頭脳みたいなかんじやけど、その時にスケートをやめようと思わなかったの?

神崎:大学に入ったタイミングでは、むしろスケートをしようと。選んだって言ったらあれですけど、クラブがある所がよかったんですよね。クラブ活動でも高校ってあんまりないじゃないですか。クラブ活動としてやるんだったら大学にスケート部があるとこがいいかなと思って。

――だって大学に入ってから、スケートの成績もどんどん上がっていったかんじよね

神崎:もともとスケート始めて、濱田先生のとこに移ってからも練習不真面目で嫌いで。ジャンプとか年々跳べる種類が増えていくのが楽しくて、そのクセが抜けなくて、大学入ってからも不真面目な練習をしてたなりに、それなりに結果は出てたんですけど。ちょっとケガをしまして、大学2年の時ですね。

――結構大事な時やんね

神崎:1年の時いきなり全日本で10位以内に入って、強化選手とかにもなったんですけど、2年の時に国際大会に出るくらいなったけど、近畿ブロックの試合で足の靭帯を切ってしまったんですよね。で、そこからちょっと練習態度もやっぱりそれなりの練習しかしてなかったんだろうなってことで先生から喝を入れられまして。で、心を改めるというか練習態度を見直して、先生の言うとおりにやっていこうと。

――復帰して、2006−2007の時に全日本4位

神崎:そうですね、その時が一番良かったですね。

――あの時は「オペラ座の怪人」の時?

神崎:そうです。

お知らせ

http://front.jsports-ondemand.com/category/index/C0012

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

【年末スペシャル】
<第3弾>『AKIKO'S ROOM』
MC:鈴木明子氏 / ゲスト:宮本賢二氏
さらにタイでコーチとして活躍中の村元小月さんと宮本さんのトークもお届け!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ