今季からグループリーグなしのトーナメント形式となった全国大学選手権(大学選手権)。負ければ即、敗退が決まる厳しい戦いだ。

早明戦で勝利し、関東大学対抗戦(対抗戦)を2位通過した早稲田大学は17日、同志社大学との初戦に臨む。

直近の戦績を見ると、5月末の定期戦で0-36の完敗を喫している。何としてもそのリベンジを果たし、まずは3年ぶりの年越しを決めたい。

強力なスクラムを支えているフロントロー陣

早大は今季、『スクラム・チームディフェンス・ブレイクダウン』の3点を軸に強化を進めてきた。対戦相手がどこであれ、その軸をぶらす必要はないだろう。

スクラムで圧倒し、FW(フォワード)戦で心理的にも優位に立つ。相手ボールになっても、徹底したダブルタックルで粘り強く耐える。そして相手のサポートが手薄になった場面を狙ってブレイクダウンで勝負を仕掛ける。

1年間をかけて磨き上げてきたこの3点を、どれだけ精度高く遂行できるかが重要になってくる。中でも核となるのはスクラムだ。

FW8人全員が低くまとまり、真っすぐに押していくスクラムは、対抗戦でも他大学を苦しめてきた。同大を相手にしても、ペナルティを獲得するまで押し続けたい。

一方で、ラインアウトモールには課題が残る。対抗戦終盤の試合では、中盤でのペナルティをなかなかトライに結び付けることができていなかった。早明戦からこの日までの2週間で、どれだけ修正できているかに注目したい。

BK(バックス)陣には、両校共にタレントがそろっている。早大が注意すべきはSH大越元気(4年)、そしてWTB安田卓平(2年)とWTB松井千士(4年)からなる両翼だ。

大越は伸びのあるパスだけでなく、ラックからのキックも秀逸。ボックスエリアへのハイパントや、陣地を取る裏へのキックなど、エリアマネジメント能力が高い。

また、接点近辺でも強気に仕掛けてくる選手だ。ラックサイドのディフェンスには細心の注意を払っていきたい。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、トップリーグ、大学選手権、全国高校ラグビーも全試合配信!!!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ