11月27日(日)、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われたムロオ関西大学Aリーグ第6節、同志社大学vs.立命館大学。接戦の末、同志社が24-23で立命大に競り勝ち、リーグ戦6連勝を飾った。

細かい雨粒が降りしきる中、死闘が繰り広げられた。一進一退の攻防。水飛沫を上げながらグラウンドを駆け、幾度となく激突を繰り返した。両校のプライドをかけた同立戦は激闘の末、「紺グレ」に軍配が上がった。

徹底的なFW(フォワード)戦で勝負を挑んだ立命大に、同志社は真っ向から立ち向かった。序盤、互いにハイパントの応酬でエリアの獲得を試みる。

前半12分、先にペナルティを犯した同志社はPG(ペナルティゴール)を献上して先制点を許す(0-3)。同19分にも、ラックサイドを相手SH(スクラムハーフ)に走られ、被トライ(0-10)。前半の20分間はリードを許す展開となった。

同志社はその後もFW勝負に苦戦した。約4分間、敵陣ゴール前でラックサイドを粘り強く攻め続けるも、2度のヘルドアップインゴール(トライゾーンでボールキャリアがグランディングできないように捕らえられた状態)でノートライ。

安田のトライに駆け寄る選手たち

だが、ここで機転を利かせた同志社は左サイドのスクラムからBK(バックス)で勝負にでる。SH大越(商4)が右サイドに持ち出し、ブラインド(逆)サイドから走りこんだWTB(ウイング)安田(商2)にパス。デイフェンスの隙間を抜けてインゴールに飛び込んだ(7-10)。

「コンパクトに1人ひとりが強いプレーをした」(安田)。雨の影響もあり、ロングパスを選択できない状況でも落ち着いた判断を下す。大越が防御網に接近して短いパスを放つ“すれ違いパス”でトライが生まれた。

しかし、このトライでもリズムを掴みきれない同志社。同30分、またもやPGを献上して失点(7-13)。同33分にLO(ロック)堀部(社1)がラックサイドで1本トライをもぎ取り、SO(スタンドオフ)永冨健(スポ4)のコンバージョンゴールも成功。14-13と一時は逆転するも守りきれず。

同36分、自陣22mライン付近のスクラムで押し込まれ、相手NO8(ナンバーエイト)が持ち出しインゴールと駆け込んだ(14-18)。

前半はスクラムで2つのペナルティ。警戒していたセットプレーに不安を残した。また、ノットロールアウェイ(球出しを妨げる)の反則も重なり、自らのミスで流れを掴むことはできなかった。

お知らせ

ラグビー 関西大学リーグ優勝決定戦を急遽J SPORTSオンデマンドで先行LIVE配信決定!

12月3日(土)13:53〜
2試合目:同志社大学 vs. 天理大学
>>配信ページ

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ