もっと苦しい状況はいくらでもあった。故にピッチに立ち、プレーできることの幸せは誰よりも理解している。それが愛するクラブのためであり、そして憧れ続けたスタジアムが舞台とあれば、これ以上のシチュエーションは望めない。西村竜馬。23歳。クラブの危機を救うべく最終節の戦場へと赴く、帰ってきた男が語るPre-match Words。

Q:リーグ戦も残り1試合ということになりましたが、今シーズンのここまでを振り返っていただけますか?

A:たぶんチーム的にもサッカーが凄く変わったシーズンだったと思うんですけど、監督が達磨さん(吉田達磨・前監督)になって自分たちでボールを保持して、自分たちのリズムで展開していくというサッカーをやっていく中で、自分たちでは結構良いボール回しができたり、こっちがボールを保持している時間が多くて、流れも創っていたとは思います。ただ、得点までなかなか行けなかったり、勝ち切ることができない試合が結構多かったので、そういう中で厳しい戦いだったとは思いますね。不運な失点だったり、カウンター一発でやられたりというのが結構多かったですし、内容は良くてある程度は納得しているんですけど、勝ち切れないという試合が多かったので、逆にフチさん(片渕浩一郎監督)に替わって、前より縦に速くなって、ゴールという所で毎試合得点はしている中で、逆に攻撃に人数を掛ける分だけリスクも負っているので、カウンターで仕留められてしまう所もあってという感じで、うまくまとめられないですけど(笑)、そういうここまでの戦いだったかなと思います。

Q:何人かの選手にお話を聞いてきた中で、「今シーズンは自分がうまくなった感覚がある」とおっしゃっている選手が何人もいたのですが、西村選手もそれは感じてらっしゃいますか?

A:僕はもう凄く、たぶん誰よりも感じています。僕が一番下から来たので、そういう面では僕が一番成長したというか、シーズン序盤は2,3人しかいないベンチ外だったりもしたので、自分で言うのもアレですけど、そこから考えればだいぶ成長はしたかなと凄く自分では思っています。

Q:どういう部分が一番成長したと思いますか?

A:ボールの持ち方とかですかね。達磨さんの練習ではボールの持ち方だったり、付ける所だったりを意識した練習が凄く多かったので、それは今も変わっていなくて、ボール回しや自分たちがボールを持つ時間はもしかしたら減っているかもしれないですけど、局面でうまくパス回しできている所とかも、このサッカーに繋がっていると思うので、達磨さんがやってきたサッカーとはそんなに変わらず、自陣でのパスが少し省略されて、ちょっと速くなっているとは思うんですけど、やっていることはあまり変わってはいないですね。

Q:練習の中で自分が成長している実感もありながら、特にファーストステージはなかなか出場機会が回ってこなかったと思いますが、そういう時期はどういうことを考えながらトレーニングされていましたか?

A:ブラジルに行っていた時も凄くツラかったんですけど、今年の初めは本当に自分的にもツラくて、練習試合とかもなかなか機会がなかったので、試合をすることもなくて、試合が終わって練習しての繰り返しでした。その中でも少しずつ「監督にうまくアピールしていかないとな」というのも考えつつ、たぶんいきなり急成長することはないと思うので、本当に少しずつ1日1日を大切にして、ずっとやってきたという感じですね。

Q:ナビスコカップのアウェイで戦った柏戦は新潟でのデビュー戦だったと思いますが、あのゲームはいかがでしたか?

A:いや、もういきなり来たので。それまで人数がいなくてサイドバックとかをやっていたりしていて、いきなりそのチャンスが巡ってきたので、前日寝られなかったりして緊張していたんですけど(笑)、最初の15分くらいは緊張なのか息が上がっていた中で、そこからは立ち上がりもシンプルにやっていたからというのもあって、うまくゲームに入れたので良かったかなと。特に勝てたので、そういう中で自分のできることをやり切ったというゲームで、そこで監督にうまく見てもらって、そこから少しずつ試合に絡むことができたので、今年一番のポイントのゲームだったというか、今思えば「凄く大事な試合だったな」と思います。

Q:いきなりのデビュー戦で勝利ってなかなか凄いですよね。

A:そうですね。まあ「完封したいな」というのも考えていなかったので、まずはゴールを守ることと、やっぱり「勝たないと次がない」という状況だったので、何としてでも勝ちたかったですし、メンバーもだいぶ変わっていて、センターバックも前半と後半で替わったんですけど、その中でも最善を尽くすことができたのかなと思います。

Q:物凄く印象的だったのは、試合後のミックスゾーンで新潟の記者の方たちが、みんな西村選手を待っていて、出てきた時にみんなでワッと行ってお話を聞いていたのが凄く印象的で、「ああ、メッチャ愛されてるな」と思いました。

A:僕はこんな感じなので(笑)、いつもラフな感じで話していて、それでたぶん試合に出て、ああいう形で勝つことができたので、そうやって皆さんが寄ってきてくれたのも凄く自分的にも嬉しかったですし、そこで「やったな」というのをまた実感できたかなと思います。

Q:ゲームに勝って、ミックスゾーンを通って、話を聞かれるとかって凄くプロっぽいですよね(笑)

A:そうですね。ああいうのは今までなかったですし、試合が終わってそこを通るというのもテレビで見ていた世界だったので、そこを通る時にもちょっと緊張してたりして。試合は終わったのに(笑)
それで話を聞いてもらえたので、本当に「自分でも良くやったな」と思いながら帰ることができました。

お知らせ

アルビレックス新潟 西村竜馬選手

◆ 2016 J1 2ndステージ 第17節(最終節)
11月3日 (木) 午後1:20〜 J SPORTS 3
アルビレックス新潟 vs. サンフレッチェ広島
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!!
» Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ