――― 名古屋セントラル2連勝となりましたが、振り返ってみていかがですか?

1試合1試合切り分けて考えていて、セントラルで2連勝するというのは、今までの経験からいうと結構難しいことですけど、2連勝すると一気に順位が変わるほど大きいことですよね。
そこはあったんですけど、神戸と仙台という、全然違うタイプのチームの戦いでした。まずは神戸戦に体力温存とかは考えずに100パーセントで行って、試合が終わった夜にまた仙台戦に向けて準備するという切り替えができました。
僕らは今首位にいますけど、なかなか難しい試合をしてきているので、その難しいぞという気持ちを常に意識しながら戦いました。

――― 仙台戦では、ハットトリックを決めました。シーズン序盤にも1試合4得点というのがありましたけど……。

固め打ちが多いですよね(笑)。本当はもっちょっとコンスタントに取りたいんですけど。

――― 何か要因はあるのですか?

仙台戦の1点目は自分がボールを奪ってからのシュートでしたけど、ほかはチームメイトがいいパスをくれたので。ピッチでチームが勝つために必死でやっている中で、たまたま3点取れたというようなイメージです。

――― 3点目はボラ選手とのワンツーからきれいに決めましたね。

あれは、ボラと合図をしていたので、狙いどおりです。得意な形で、ボラも自分もわかっていることを共有して生まれたゴールだったと思います。

――― 縦に速い攻撃が目立つすみだにあって、あのゴールは変化のつく形だったと思うのですが、そのあたりのプレーは意識されているのですか?

そこまでではないです。僕もボラもそうですけど、まずはチームの切り替えの速いフットサルに自分たちがしっかりと追いつき、体現するのを目標にやっています。その中でああいったゴールは、自分たちが今までずっとやってきたプレーなので、いろいろできると。
まずは、チームのコンセプトにしっかり従って、自分がしっかりやることで若い選手ももっとやろうと思ってもらえるように。そういう立場なので。

――― 難しい試合が続いていると言われましたけど、それでも第1クールはここまで非常にいい形で首位で来ています。このあたりの要因は何だと考えていますか?

気持ちの部分ですかね。強気にアグレッシブに行こう。負けてもいいから引き分けを狙わないでボールを奪いに行こうとか。自分たちから試合を崩しに行く勇気とか。そういうことで試合が動くし、スピーディーな試合になると思うんですね。それが今はよく出ていると。
でも、簡単に負けてしまう可能性もあります。このままこういうギリギリの試合をやっていたら、逆に転がっちゃうときもあると思うので、そこをもう少ししっかりと勝ち切れるように。自分たちが計算して勝てるようにしたいですね。
全部必死にやって、何とか自分たちが勝てたけどという試合が多いので。これからはゲームコントロールの意識をみんなで共有して、技術ももう1つ伸ばして。そうしないと優勝は見えないと思います。

――― ここから一番大事なのは、やはり試合運びですか?

試合運びもそうですし、技術・戦術も。今シーズンもまた新しいこともやっているので、それをみんながしっかり理解してプレーすることで、戦いの引き出しは増えるわけですから。練習からブラッシュアップして、どんどん自分たちのものにしていかないといけません。

――― 次は名古屋との試合ですが、相手の印象と、どういう試合をしたいかを教えてください。

僕らは今首位ですけど、負けたらひっくり返されます。向こうはずっと王者ですから、僕らはチャレンジャーの気持ちで。名古屋より上で試合を迎えるというのはなかなかないことですけど、そこは上からではなく下から。自分たちのスピードだったり、がむしゃらさだったり、あとは団結感といったところを最大限に打ち出して、相手が「なんだこいつら暑苦しいな」みたいなのを出し切って、はじめて勝てるか勝てないかというところです。

――― すみだの独特のテンションの高いところに入って、稲葉さんは2年目ですけど、何か自分が変わってことってありますか?

ありますね。ボラが入ってきましたけど、僕は上の年代で、(清水)和也はいちばん下で。でも和也もふざけてですけど「なんだコノヤロー!」なんて言いますからね(笑)。なんかみんな僕のことをイジるし、僕もそれに乗っかって。雰囲気としてはいいファミリーになっていると思います。
またファミリー感と、チーム内の競争というのは、なかなか共存させにくいんですけど、フウガはうまくそこができている。試合に出ている人も出ていない人もみんなで戦うことが今はできています。そうした雰囲気作りも僕は年長者としてできることだと思っています。名古屋とのビッグマッチ。絶対勝ちたいと思います。

※2016年8月27日〜29日開催 名古屋セントラル(第11・12節)

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

◆ フットサルFリーグ16/17 放送中!
J SPORTSではセントラル開催全試合とプレーオフ2nd Round/Final Roundを放送!
さらに今年は関連番組も加わって充実のラインアップ!
特集ページこちら »
Fリーグ選手名鑑はこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ