モン・ヴァントゥのフィニッシュ地点が強風のため予定より6km手前に設定された第12ステージ、フランス革命記念日に華を添えたいフランス人選手4名を含む13選手での逃げグループが、メイン集団に最大18分45秒差をつけて先行する。

横風が吹き抜ける地点でエティクス・クイックステップ中心でペースアップをはかり、ディボ・ピノ(エフデジ)やラファル・マイカ(ティンコフ)、アスタナのアシスト陣などが置き去りにされ、メイン集団が大きく分断された。

4級、3級山岳ポイントをトーマス・デヘント(ロット・ソウダル)が先頭通過、8分後に下り坂でメイン集団を牽引していたサイモン・ゲランス(オリカ・バイクエクスチェンジ)がコーナーで落車し、イアン・スタナードやワウテル・ポエルス(共にチーム スカイ)が巻き込まれた。メイン集団はペースダウンをしチーム スカイのアシスト陣は無事に合流。分断されていた後続の一部もジョイントした。

10人に絞られた先頭集団がモン・ヴァントゥの登坂を開始、大勢の観客が見守る中、次々とちぎれていき、トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)、セルジュ・パウエルス(ディメンションデータ)、ダニエル・ナバーロ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)の三つ巴に。一度遅れたデヘントが追いつき、そのあとはペダルを休めず魔の山を制し、ツール区間初優勝、山岳賞と敢闘賞も併せて獲得した。

メイン集団ではピエール・ローラン(キャノンデール・ドラパックプロサイクリングチーム)が最初のアタックを仕掛け、ヴァシル・キリエンカ(チーム スカイ)の牽引で慌てず吸収、ハリンソン・パンタノ(イアム サイクリング)やアレハンドロ・バルベルデ、ナイロ・キンタナ(共にモヴィスター チーム)の攻撃でチーム スカイのアシスト陣を削っていく。

クリス・フルーム(チーム スカイ)のアタックに反応できたのはリッチー・ポート(ビーエムシー レーシングチーム)とキンタナ。しかしキンタナはすぐに遅れ始め、バウク・モレマ(トレック・セガフレード)が合流、ここでも三つ巴の戦いに。

沿道の観客の多さにコースが塞がれカメラバイクが急ブレーキ、ポート、モレマ、フルームが激突し落車、後続のバイクにフレームを壊されたフルームがゴールまでの道を走り出した。マビックのニュートラルバイクに跨がるもサイズもペダルも合わない、チームカーが人混みをかき分けフルームにスペアバイクを渡すも、すでに2分近く失っていた。

救済措置が発表され、チェーンの外れたポートとフルームのゴールタイムをモレマと同タイムへ修正、フルームがマイヨ・ジョーヌをキープした。

「びっくりした、急ブレーキのあと落車して後続のバイクにフレームを壊されてしまった、気が動転して走っちゃったよ。組織委員会や監査役の裁定に感謝します」(フルーム、ツール公式サイトより)

第12ステージ結果

1 トーマス・デヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)in 04h 31' 51''
2 セルジュ・パウエルス(ディメンションデータ/ベルギー)at 00' 02''
3 ダニエル・ナバーロ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/スペイン)at 00' 14''
4 スタフ・クレメント(イアム サイクリング/オランダ)at 00' 40''
5 シルヴァン・シャヴァネル(ディレクトエネルジー/フランス)at 00' 40''
6 ベルトイヤン・リンデマン(チーム ロットNL・ユンボ/オランダ)at 02' 52''
7 ダニエル・テクレハイマノ(ディメンションデータ/エリトリア)at 03' 13''
8 セプ・ヴァンマルク(チーム ロットNL・ユンボ/ベルギー)at 03' 26''
9 クリスアンケル・セレンセン(フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト/ノルウェー)at 04' 23''
10 バウク・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)at 05' 05''
・・・
11 アダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/イギリス)at 05' 24''
12 ファビオ・アル(アスタナ プロチーム/イタリア)at 05' 24''
14 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 05' 24''
17 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 05' 24''
18 ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMC レーシングチーム/アメリカ)at 05' 24''
19 リッチー・ポート(BMC レーシングチーム/オーストラリア)at 05' 05''
20 ダニエル・マーティン(エティクス・クイックステップ/アイルランド)at 06' 30''
25 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 05' 05''
26 ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ/チェコ)at 06' 51''
183 新城 幸也(ランプレ・メリダ/日本)at 28' 24''

個人総合順位

1 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)in 57h 11' 33''
2 アダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/イギリス)at 00' 47''
3 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 00' 54''
4 バウク・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)at 00' 56''
5 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル/フランス)at 01' 15''
6 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)at 01' 32''
7 ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMC レーシングチーム/アメリカ)at 01' 32''
8 ファビオ・アル(アスタナ プロチーム/イタリア)at 01' 54''
9 ダニエル・マーティン(エティクス・クイックステップ/アイルランド)at 01' 56''
10 ホアキン・ロドリゲス(チーム カチューシャ/スペイン)at 02' 11''
・・・
11 リッチー・ポート(BMC レーシングチーム/オーストラリア)at 02' 22''
140 新城 幸也(ランプレ・メリダ/日本)at 02h 06' 44''

お知らせ

J SPORTSでサイクルロードレース徹底放送!
グランツール全ステージ生中継!

ツール・ド・フランス 7月2日開幕!
ブエルタ・ア・エスパーニャ 8月20日開幕!
※ジロ・デ・イタリアは終了しました。
»ご加入はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ