Q:ここからは少し昔のことを聞かせて下さい。名鑑などを見ると最初の所属クラブはジップサッカークラブとなっていますが、そのチームに入ったのがサッカーを始めたキッカケですか?

A:そうです。僕は2個上に兄がいて、その兄がサッカーをやっていたのがキッカケだと思います。記憶自体はないんですけど、親は「ずっとボールはいじっていた」と言っているので、物心が付く頃にはボールを蹴っていた感じですね。でも、ジップに入った時の映像とかを見ても、試合中も全然サッカーをやっていなくて、砂遊びばっかりやっていたり(笑)
ですから、その時は「兄がやっているから僕もやろうかな」という感じで、サッカー自体に興味はなかったです。

Q:ジップに入ったのは幼稚園の頃ですね?

A:そうです。それまではずっと体が弱くて、アレルギーも喘息もアトピーも、色々なことがあって、スポーツができる体ではなかったんです。それで水泳とか色々やって、ようやくサッカーができるようになったのがその頃だったと思います。

Q:すぐにサッカーへのめり込んで行った感じですか?

A:どうですかね。でも、ドリブルは好きでした。サッカーを始めた頃にボールを扱って、ドリブルで相手を抜く感覚が凄く好きで、それはジップに入って、小学校の大東少年団に入った頃もその楽しさは増えていきましたね。それと並行してフットサルでクーバーもやっていたので、そこが一番本当のサッカーを知ることのできた場所だったかもしれません。その時に坂口(照幸)コーチという武南でキャプテンをやっていたコーチがいたんですけど、坂口コーチの下でずっとやっていて、「オマエはJクラブの育成を受けろ」とレイソルとマリノスとヴェルディを勧められて、一番家から近かったレイソルを受けることになったんです。僕は細かい話は知らなくて、本当にサッカーをやりたかったので、環境にそれほどこだわりはなかったんですけど、ここのグラウンドに親に連れて来られて、「今日セレクションだから」ということでセレクションを受けて、受かって「ずっとここでサッカーできるんだな」と思ったことは覚えています。だから、レイソルに入ったキッカケは坂口さんに勧められたからですね。

Q:武南の坂口さんって僕も覚えてますよ。

A:武南の時の額縁とかも飾ってありましたから。確か坂口さんにはお兄さんもいて、その方も相当凄かったらしくて、凄い兄弟だったというのは聞いたことがあります。

Q:クーバーはスクールみたいな感じですか?

A:そうですね。埼スタがある美園でやっていました。

Q:一番近いと言っても、柏までは埼玉だとちょっと距離はあるじゃないですか。当時は電車で通っていた感じですか?

A:そうですね。親に小学校が終わったら迎えに来てもらって、最寄り駅まで行って電車で行く感じでした。

Q:当時のレイソルジュニアには今もチームメイトとして一緒にやっているメンバーもいると思いますが、入ってみて「やっぱりレベルが高いな」という感じだったんですか?

A:全くそういうのはなかったです。入った時は本当にサッカーが好きでしょうがなかったので、「誰が上手い」とかそういうことは何も考えていなかったです。本当にドリブルがしたくて、本当にボールに触りたかっただけなので、コーチの言うことを「誰よりも聞きたい」と思っていましたし、その時に試合に出たか出ていなかったかも覚えていないくらい、とにかく「サッカー、サッカー」という感じでしたね。

Q:とにかくボールに触るのが楽しくてしょうがなかったんですね。

A:はい。当時は週に3回か4回ぐらいしかレイソルの練習はなくて、その他の日はクーバーを入れていましたから、それ以外のことには全く興味がなかったですね。本当にサッカーのことしか考えていなかったです。たぶん一般の子として考えたら相当ダメな子でしたね(笑)
宿題とかも全くやらなかったですし、学校にいる時ですらノートにサッカーのことを書いていましたし、「ドリブルをどうやってやろう」と考えたり、新しいフェイントを考えてみたり、本当にダメな子ですよね(笑) でも、それくらいサッカーに没頭していました。

Q:でも、きっと自分でも「サッカーが一番大事だから、勉強はそこそこでいいや」と思っていたんですよね(笑)

A:サッカーしか考えていなかったです。「勉強ができないのもしょうがない」すらも考えたことはなかったです(笑)
でも、そこまでサッカーが好きだったのに小学校の夢は「親がやっている大工さん」って文集かなんかに書いてありましたね(笑)
全く理由はわからないですけど。あの時は本当にサッカーが好きでした。ああ、「あの時も」ですね。

Q:そうするとやっぱり成績はあまり良くなかったんですか?

A:それでも一応勉強自体はやっていましたね。気付いたら塾に通っていましたし、気付いた時には英会話をやっていました(笑)
まあ親が「宿題をやらないんだったらコレをやりなさい」というような感じだったので、そこはイヤイヤでもやっていました。でも、その時の塾でも英会話でもサッカーのことを考えていましたね。問題を解く時も答えを見てやっていて、それがバレて怒られたりしていましたからね(笑)

Q:ダメな生徒ですね(笑)そうするともう早い段階から「俺はサッカーで生きていく!」と思っていたんですか?

A:どうなんですかね。夢として思ったのはレイソルに入って、他の人の影響を受けてからですね。小学4年からレイソルに入ったんですけど、「大きくなったらサッカー選手になりたい」とも思っていなかったです。

Q:「とにかく目の前にあるボールを蹴りたい」という感じだったんですね。

A:そうですね。それだけでしたね。

Q:それって『翼くん』ですよね(笑)

A:僕は『キャプテン翼』を見たことがないのでわからないですけど(笑)、本当にサッカーが好きでした。“サッカーバカ”でしたね。

Q:周りに“サッカーバカ”を共有できる仲間はいたんですか?

A:いえ、いなかったです。小学校の時は1人でひたすらサッカーをしていました。僕は“放課後の遊び”というものを知らないんですよ。休み時間でボールを蹴っている人がいたら、ボールを取り合って、その人にドリブルを仕掛けて、ということばかりやっていましたね。ただ、兄もサッカーをやっていたので、その試合を見に行くこともありましたし、見に行って人数が足りない時には試合に出してもらっていましたし、そういう環境もあったと思います。

お知らせ

◆ 2016 J1 2ndステージ 第1節
7月2日 (土) 午後6:50〜 J SPORTS 3
柏レイソル vs. アルビレックス新潟
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!!
» Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ