5月のイタリア、7月のフランス、8月スペインで、3週間にわたって開催される3つのステージレース、『グランツール』。

サイクルロードレース(自転車レース)の中でも最高峰に位置づけられ、22のトップチームだけが出場を許される(*1)。9人のメンバーに選ばれ、そのスタートラインに並ぶことは、すべてのプロロード選手にとっての大きな夢だ。

その3大グランツールの一つ、ジロ・デ・イタリア(=『イタリア一周レース』)が、5月6日に開幕する。21日間をかけて(*2)、最終ゴール地のトリノ(北イタリア)まで、総距離3,463.1kmの道のりを走破する。

(注)
*1 トップカテゴリーに所属する全18チームに加えて、レース主催者の招待を受けた4チームが出場できる。

*2 休息日を含めると実際には24日間だが、レースが行われるのは21日間で、各ステージごとに勝利とタイムを争いながら、最終的には、全21ステージを合計してもっとも早い(少ない)タイムで走り終えた選手が『総合優勝者』となる。

ジロ・デ・イタリアが誕生したのは、1909年のこと。スポーツ報道の専門紙『ラ・ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、売り上げアップを狙い、イタリアの都市をめぐっていく”周遊型”の自転車レースを企画・主催した。テレビはおろか、大衆向けラジオも始まっていなかったこの時代、レースの様子や結果は新聞を読まなければわからない。レースの人気は、そのまま売り上げ増につながった。

ただし、そういったアイデアをもとに”国内一周形式”の自転車レースが開催されるのは、イタリアが初めてではなかった。ジロにさきがけること6年前から、ツール・ド・フランスが始まっていたからだ。

先輩格にあたるツールがより大きく、より国際的に、より華やかに「世界最大の自転車レース」として成長していく一方、ジロはジロで、ツールとは一風違った魅力、独自のアイデンティティを追求してきた。「もっとも過酷で、もっとも美しいレース」と言われる今日のジロのキャラクターは、そんな中で培われてきたのだ。

ジロのコースをデザインする上で、心がけられていることがいくつかあるという。その中のひとつが、「より厳しく」ということ。もうひとつは、「より予測不可能に」ということだ。

ジロの山が厳しい、ということについては前の回で触れたが、ただ大きな山(標高が高い、あるいはものすごく急な上りの)がドーン、ドーンと登場すればOK、という訳ではない。例えば、2004年から7年間にわたりジロのコース設計に携わってきたアンジェロ・ゾメニャン氏は「(山岳ステージなら、基本的には)レースのゴールラインは山の上にあるべき」というモットーを口にしている。ゴールが山頂から遠くなれば遠くなるほど、山での争いが勝利に占める重要性は小さくなっていってしまう。彼によれば、ツールにときどき登場するような、最後の山岳からゴールが50km先にあるようなステージでは、せっかくの難関山岳が、宝のもちぐされになってしまう、ということらしい。

お知らせ

J SPORTSでサイクルロードレース徹底放送!
グランツール全ステージ生中継!

ジロ・デ・イタリア 5月6日開幕!
ツール・ド・フランス 7月2日開幕!
ブエルタ・ア・エスパーニャ 8月20日開幕!
»ご加入はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ