ところが最大の優勝候補は、アムステルを迂回した選手の中にいる。先週末はブエルタ・ア・カスティーヤ・イ・レオンへと参戦していた、ディフェンディングチャンピオンのアレハンドロ・バルベルデである。3日間のステージレースでは、2日目と3日目(山頂フィニッシュ)と総合をまとめて勝ち取った。つまりとてつもなく絶好調のまま、フレッシュ・ワロンヌに乗り込んでくる!ただ少々気になる発言も。「今のメインゴールは、今季最大の目標であるジロに向けて、安全に、調子を保つこと」と語っているのだ……。ただし「無敵男」氏は、実際のレース本番では、どうも脚が勝手に動いてしまう傾向にある。きっとベルギーでも、思わず華麗なアタックを決めてくれるに違いない、そう信じよう。

photo

宮本 あさか
みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

お知らせ

J SPORTSでサイクルロードレース徹底放送!
グランツールを中心に注目大会を生中継!

フレッシュ・ワロンヌ 4月20日
リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 4月24日 ほか
»ご加入はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ