Q:今回は少し昔のこともお伺いしたいと思います。北海道室蘭市のご出身ということで、時代的にも地域的にもそれほどサッカーが盛んな時期ではなかったのではないかと思いますが、サッカーを始められたきっかけはどういう感じだったのでしょうか?

A:おっしゃる通りです。僕は野球が大好きで。というのは、僕の家の前が野球場だったんですよ。だから「野球をやるために生まれた子」と言われていて(笑)
実は左利きでピッチャーをやっていて、朝から晩まで野球をやっていたんですけど、小学5年の時に「みんなでサッカー少年団に入ろうか」という流れが友達の間であって、そこで「俺も行こう」となったのがキッカケです。

Q:道内的に当時サッカーは人気があったんですか?

A:いや、そんなになかったですね。あったのかもしれないですけど、僕はサッカー自体をあまり知らなかったので。

Q:すぐサッカーにのめり込んだ感じですか?

A:いえ(笑)
でも、入ってすぐに今の全日本少年サッカー大会の予選があって、僕は左利きだから左サイドバックですぐに試合に出してもらったんですよ。その試合は0−4で負けて、最終的にそのチームが全国に行ったんですけどね。室蘭の天沢小学校という所のチームが北海道代表になって。それで、「ああ、これに勝てば全国に行けるんだ」「東京に行けるんだ」と思ったんです。小学6年の時にはキャプテンをやったんですけど、その年の全日本少年サッカー大会の予選は決勝で負けちゃったんですよ。

Q:かなり強いチームですね。

A:そうですね。ウチの小学校は凄く強くて。中島旭ヶ丘サッカー少年団というチームだったんですけど、実は僕の2個下にはマリノスにいた野田知がいて、あとは城彰二もそうです。その時に僕と一緒にやっていた徳田というヤツがいて、室蘭大谷の9番を3人とも背負った徳田三兄弟の長男が僕と同い年だったんですよ。その彼は選手権で凄いゴールを決めて、セルジオ越後さんに「スーパーゴールだ」と言われた人なんですけどね(笑)
小学校時代は北海道で終わるような大会では優勝したこともありました。

Q:小学6年の時に室蘭大谷は選手権で全国準優勝していますけど、それが渋谷少年を室蘭大谷へといざなうきっかけになった感じですか?

A:そうですね。本当に野球少年で、僕は荒木大輔さんをよく見ていましたし、王貞治さんも同じ左利きで好きだったので、早稲田実業に行きたかったくらいですから(笑)
ただ、小学6年の道大会決勝で負けた悔しさとかもあったので、最終的に中学に入る時に野球とサッカーで悩みましたけど、少年団の監督に「サッカーだったら世界とか行けるかもよ。オマエはそっちの方が向いてるんじゃない?」と言われて、「ああ、そうですか」という感じでサッカーを選びましたね。

Q:室蘭大谷の3年間はザックリ振り返るといかがでしたか?

A:実は入学してすぐに、5月のインターハイ予選から試合に出してもらったんです。インターハイ予選の決勝で鎖骨を骨折して、国体には出られなかったんですけど、選手権予選に出してもらって、そのまま全国も出してもらいました。やっぱり左利きということだけで凄く重宝されていたかなと思いますね。僕が入った時はみんな先輩たちの技術が高くて、「本当に上手いなあ」と思って見ていましたし、「ちょっとこの中じゃできないな」と思っていて。高校選びも登別大谷高校がサッカーに力を入れ始めた頃で、室蘭選抜の子たちを特待で入れていたんですよ。僕にも声が掛かっていて「登別大谷に行きます」と言った時に、中学の監督から「室蘭大谷からも推薦が来てるよ」と言われて、「じゃあ1日考えます」と。確実に出られる方が良いかなとも思いましたけど、レベルの高い所で出られなくても仕方がないかなと思って室蘭大谷を選びました。それが1日ズレていたら、今はどうなっていたかわからないですよね。最終的には良かったかなと思います。2年生もレギュラーで、3年生はキャプテンでという感じで、良い想いばかりをさせてもらいました。でも、結果は出なかったですけどね。狭間の世代になってしまいました。僕の1個上と1個下と2個下が強かったです。1個下には熊本の飯田正吾(現・強化部長)、広島に行った佐々木直人(現・ユースダイレクター)、2個下にはザイ(財前恵一)、野田、山本亘とか本当に凄かったですね。

Q:1年生の選手権では望月聡さんと美濃部直彦さんがいた守山高校と対戦しているんですね。

A:そうなんですよ。それでモチさんと仕事するようになって、モチさんからその試合の映像をもらって見たんです(笑)
3−1で負けたんですけど、映像を見たら自分がヘタクソで。「俺のせいで負けたんだな」と思いました(笑)
でも、大谷の選手たちは本当に上手かったです。ボールを動かすのが上手くて、ああいう時代でもああいうことができたんだなという感じですね。

Q:そこから古河電工に入られる訳ですけど、当然かなりの名門チームでしたし、高卒で加入できる選手もかなり限られていたと思いますが。

A:僕は高校2年の時に東西選抜に入っていたりしていて、今で言うトレセンにも選ばれていましたし、大学という選択肢もなくて就職しようと考えていたので、「渋谷は古河に行きなさい」と言われたんです。それは高校の先生に感謝ですね。入れてもらったその時の監督の清雲(栄純)さんや同郷の川本治さんにも凄く助けられました。でも、僕は古河電工なんて全然知らなかったんですよ(笑)
「ああ、古河電気工業株式会社という所に行くんだ」という感じでしたから。サッカーが凄いなんてまったく知らずに。北海道で古河電工と言ったらアイスホッケーなので、「そこにサッカー部があるんだ」と。当時は読売クラブ、日産、ヤンマーの3チームしか知らなかったですし、僕は新日鉄室蘭に行くか、学校の先生になるかという感じでしたから、サッカーを続ける意思もそこまでなかったので、「普通に就職できて良かった」という感じでしたね。

Q:そんな青年が入るにはとんでもないチームだったんじゃないかなと思いますけど(笑)

A:それを知るのは入団して1か月後です。「凄いチームだ」って(笑)
会社で3月から練習を始めて、4月の頭に入社式がありますよね。その後に「1年頑張って下さい」という感じの発足会というのがあるんですけど、会社の会議室のような所に集まって、社員の人も何人か来て、「今年のメンバーはこういう顔触れです」と紹介するような会で。その時にメンバーのパンフレットを見たんですよ。そうしたら「1番、元代表。2番、代表。3番、元代表。4番、ユース代表。5番、代表。6番、元代表」みたいな感じで、「えっ、ウチってスゲーんだな」ってその時に気付いて(笑)
本当にそういう世界だったんですよ。だから「間違った所に来たな」と。「1年くらいで終わりだな」と思いましたね。もう3月の時点でレベルが違いましたし、1対1で全然ボールが取れないですし、練習試合で金田(喜稔)さんにおなじみのフェイントで4回全部抜かれたりとか、「ああ、もうダメだな。1年やったら田舎に帰るかな」と。本当にそんな感じでしたよ。でも、清雲さんが練習後の“アフター練習”に1年間付き合って下さったので、それが長くサッカーを続けられた1つの要因だと思いますね。1年間ヘディングとキックと走りをずっとやってもらったので、キヨさんには本当に感謝しています。あとはオカさん(岡田武史)にも凄く良くしてもらいましたけど、今は成立学園を指導されている宮内(聡)さんには凄くお世話になりました。

お知らせ

◆ 2016 J1 1stステージ 第3節
3月11日 (金) 午後6:50〜 J SPORTS 3
ガンバ大阪 vs. 大宮アルディージャ
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!!
» Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ