振付師、女優になりたい

――来年は進学の年ですね。

ラジオノワ:その前にロシア選手権に出ないと(笑)今年は10年生から11年生の学年で、12月には統一国家試験を受けるための論文を書かないといけません。11年生になるための試験もあります。そこに来てグランプリファイナルもあります。全てやり切れるかは、わかりません。「今年一杯は試験で休みがない」ということはわかります(笑)でも挑戦して、頑張って大学に入りたいです。
体育学部に進むのですが、最初は気が進みませんでした。他のことも学びたいと思っていました。でも、現状ではスケートと学業の両立が大変だということで、母とも相談してロシア国立体育大学を目指すことにしました。
現役を引退してから志望を決めます。2つ目の学位をとることも考えています。
(志望するのは)振付のお仕事は魅力的だと思っています。でも主には女優になりたいです。ロシア国立演劇大学やモスクワ芸術座に進むかもしれません。

――映画出演のお話もあったそうですね。

ラジオノワ:2年ぐらい前に、「Mosfilm(ロシアを代表する映画会社)」から戦争映画の主役級のオファーがありました。ある日お電話をいただいて……「私に!?」という(笑)なぜ私が選ばれたのか未だにわかりません。でもスケジュールが合わなくて、すぐお話はなくなったんです(笑)

理想は定めていない。特別なもの・誰もやったことのないものを追い求めています。

――スケートではどんな演技が理想でしょうか?
ラジオノワ:理想は定めていないというか。アタラシイこと・面白いことをやるのが好きなので。私のプログラムでは、同じような演目って珍しいと思います。いつも同じように滑るのはつまらないです。特別なもの・誰もやったことのないものを追い求めています。

日本のファンの皆さんへ メッセージ

「日本のファンの皆さん、応援ありがとうございます。皆さんの応援が私の力となっています。日本にも、喜んで何度でも行きたいです。」

2015年ISUグランプリシリーズ・ロシア杯にて11月22日に取材
取材/翻訳/テキスト:Pigeon Post ピジョンポスト

photo

Pigeon Post ピジョンポスト
フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

お知らせ

◆ ロシアフィギュアスケート、全米フィギュアスケート ◆
J SPORTSオンデマンドで全種目、全滑走LIVE配信

その他にもスキーFISワールドカップ15/16
モーグル、ジャンプ、アルペンもLIVE配信

ウインタースポーツパック :月額1,800円 (税抜)
※25歳以下の方は、U25割で月額900円 (税抜)でご利用いただけます!
» フィギュアスケート 配信スケジュールはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ