PP:FSの『ため息』は、フランツ・リストの美しい旋律を巧みに表現されていて、トランジションも昨シーズンより多く、ステップも複雑に入れていらっしゃいますよね。

宮原:はい。

PP:そして、表情もビックリするくらい大人になられていて。振付のローリー・ニコルさんからどのようなアドバイスを受けられましたか?

宮原:そうですね、「曲をよく聴く」ということと、あと、このFSのテーマが「初恋」なので、FSの演技をしている時に、必ずどこかに好きになった男性の姿をイメージして滑るようにするともっと表現しやすくなるということを教えて頂きました。

PP:以前、「どこに男の子がいるかを感じながら見て下さい」と仰っていましたね。

宮原:はい。

PP:素敵ですよね。1本の素敵な洋画を観終わった気持ちになります。

宮原:あっ(頷き)。ありがとうございます。

PP:衣装を、シーズンインする前のアイスショーの時と競技の時で替えられたのですけど、元から違う風に作られていたのですか?

宮原:そうです、あの、元々2つのイメージがあって……衣装を作って下さる方のイメージと、ローリー先生が「こういう風にして欲しい」というイメージと2つありました。今シーズン始めのほうにたくさんショーにも出させて頂いたので、「せっかくだから2つ作ろう」っていうことで、両方作りました。

PP:淡い色のショーでの衣装も、濃い色の競技での衣装も、どちらも素敵ですね。

宮原:ありがとうございます。

PP:ダブルアクセルからのトリプルトゥループのコンビネーションが2回入っていて大変だと思うのですが、とても綺麗に跳ばれていて。FSのジャンプ構成は、スケートアメリカで跳ばれたものが今のベストだと考えられていますか?

宮原:ありがとうございます。そう……ですね、3回転‐3回転のコンビネーションを入れる構成も練習はしているので、その時の試合ごとの調子によって決めることにしています。

PP:今現在、ご自分をどのような選手だと捉えていらっしゃいますか?

宮原:そう……ですね、うー……ん、試合では、まあ、凄く大きなミスというのはあんまりしないんですけど、やっぱりまだ練習のほうが良い演技というか、良いジャンプが跳べるので、もっとこう……緊張に負けないというか(笑)、もっと試合で「自分の演技」を出せたらいいなと思っているので、まだ改善する点はあるかなと思ってます。

PP:通し練習は今も変わらず、1日何回も行っていらっしゃいますか?

宮原:はい。

PP:凄く体力おありですよね。

宮原:(微笑み)そうですね。

PP:宮原選手のスケーティングそのものにも凄く感動するんです。『戦場のメリークリスマス』(13−14シーズンSP)の冒頭のステップなど、今見ても涙の池が出来るくらい感動するんですけど、あの綺麗なスケーティング自体にはどのような想いを込められていますか?

宮原:スケーティングは凄く色んな先生から……海外の先生からも習ったりして、そういう習ったことを大事にきっちり出来るようにしています。滑らかに、こう、スピードは出ているけれどもあんまり強く力で押してるように見えないように、自然に滑れるように気を付けています。

PP:今シーズンのエキシビション『Pennies from Heaven』での、ジェフリー・バトルさんとの初めての作品創りはどのような感じでしたか?

宮原:ジェフリー・バトル先生ご自身が踊るのが凄く上手で、もう、見るだけで勉強になったので楽しかったです。

PP:「雨の中も楽しんでしまう!」という明るい表情をとても出されてて、あの辺りもバトルさんの指導などがあったのですか?

宮原:はい、そうです。あの……「楽しく軽やかに滑るように」と言われました。

PP:本当に全部、プログラムごとに違う顔を出されてて凄い、と思います。

宮原:ありがとうございます(微笑み)。

PP:ステファン・ランビエールさんが振付されたもうひとつのエキシビションの『翼をください』、こちらは宮原選手の選曲だとお聞きしましたが。

宮原:そうです、あの、日本語だとあまりにもちょっと分かりやす過ぎるというか。

PP:一部だけ日本語が入っているんですよね。

宮原:はい、なので英語版で、でもちょっと「あ、この曲知ってるな」みたいな、そういう「日本人の方がすぐ分かってくれるような曲で滑るのはどう?」ということで、先生と話してこの曲がいいかなと思って。

PP:日本人の心も大事にされてるのですね。

宮原:はい。

PP:スケートアメリカのエキシビションで宇野昌磨選手が宮原選手のコールを担当されていましたが、あれはどうでしたか?

宮原:ふふっ(笑)。

PP:(宇野選手の持っている紙が透けていて)「シー イズ ……」ってカタカナで書いてありましたけど(笑)。

宮原:(笑)そうです(笑)。なんか、急に昌磨君も言われたみたいで(笑)。

PP:あっ、そうなんですか(笑)!

宮原:あの、凄い、何か……面白かったです(笑)。

PP:笑えて滑れないみたいな(笑)(注:さすがの宮原選手なのでそうはなりませんでしたが)。

宮原:(笑)。

お知らせ

◆J SPORTSオンデマンド「総合パック」では
KENJIの部屋を配信中!

■総合パック:月額2,400円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の1,200円(税抜)
ご加入はこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ