宮本賢二さん、小塚崇彦選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
11月のゲストは美しいスケーティング技術でフィギュアファンを魅了する小塚崇彦選手。第2回では世界ジュニアやオリンピックでのエピソードなどを語っていただきました。

世界ジュニア 優勝までの長い道のり

――世界ジュニア優勝したんやね

小塚:そうですね、高校二年生の時に。でも世界ジュニアに出るまでに、結構時間掛かってますから。ジュニアの時にグダグダやっているんですよ。

――一年目の世界ジュニアはどうやったん?

小塚:ノービスから推薦してもらって出ているんですが、その時9番だったんですよ。結構頑張った。その次の年が18位。で8位に戻って。

――それで何年目で優勝したん?

小塚:結局高校2年生の時です。

ジュニア参戦7年目での初優勝

――7年目で優勝したん?

小塚:世界ジュニアに初めて出て優勝しました。だいちゃん、ロシア人、ロシア人、なるくん、で僕。

2002年 髙橋大輔
2003年 アレクサンドル・シュービン
2004年 アンドレイ・グリアゼフ
2005年 織田信成
2006年 小塚崇彦

――すごいな

小塚:だいちゃんが確か高1かなんかで優勝してるんです。

2006年 全日本 コスチューム忘れた!!

小塚:全日本でコスチューム忘れたことがあって。

――(笑)代々木?

小塚:名古屋です。
※2006年 全日本6位 SP5位 FS6位

――衣装忘れたんや、知ってるわ

小塚:そうそう。

――あかんで忘れたら。忘れもん多すぎるで

小塚:僕は現地調達できると思っているので、大丈夫です!

――「はい」でええねん!

小塚:その時に信夫先生(佐藤信夫コーチ)に言われたのは、その時トレーニングをハードにやってるから疲れちゃうから、忘れたなら忘れたでジャージ着て練習だけして、その間に誰かに取ってきてもらって、それで本番に間に合うようにすればよかったのに。崇彦が急に走りだしたから止められなかったって。すぐ近くのホテルだったから、自分で走って。気も動転しているし、何がどうなってるかもわからない状態でそのまま試合に。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ