Q:小学校時代はバディSCでプレーされていたと思いますが、そこからFC東京U-15にはどういうキッカケで入られたのでしょうか?

A:元々FC東京の方が目を付けてくれていて、小学5年生の時にFC東京のスクールに入りました。今では色々な所にスクールがありますけど、その時は深川グランドでしかやっていなかったんです。そのスクールに通っていて、そこで今も何人かいるコーチの方々に気にかけてもらって、FC東京のジュニアユースに入ることができました。

Q:丸山選手の代は9人の選手がJリーガーになっていると思いますが、当時もやはりレベルは高かったですか?

A:どうなんでしょう。僕のレベルが凄く低かったので(笑)
でも、周りには凄く良い選手がいましたし、自分たちの代が一番Jリーガーを輩出しているので、間違いなくレベルは高かったと思いますけど、1つ上の代に吉本(一謙)選手や権田(修一)選手もいたので、僕らの代はどうだったのかなとは思います。

Q:中学の時にポジションをコンバートされたんですよね?

A:そうですね。中学1年生の時にすぐ左サイドバックへ回されて、前の選手は足元の上手い大竹洋平選手だったり、他にも凄く上手い選手がやっていました。

Q:小檜(宏晃・成立学園→法政大)選手とかですね。

A:そうです、そうです(笑) 彼らが前の方をやっていました。

Q:「回された」とおっしゃっていましたが、そうすると「左サイドバックに回されちゃった」という感じだったんですね?

A:そうですね。回されちゃったんだと思います(笑)
「しょうがないな」という気持ちもありながら、小学校6年の時はトップ下という王様的なポジションをやっていたので、そういう部分で「えー」みたいな感じでしたけど、「実力がないからしょうがないな」というのもありました。

Q:同期の左利きと言えばやっぱり大竹選手だと思いますが、彼にライバル意識はありましたか?

A:スーパー過ぎて何も生まれなかったです(笑)
大竹選手と椋原(健太)選手に関しては本当に凄かったので、逆に周りの人たちが惚れ惚れするような感じでした。「スゲーなあ。こういう人たちがプロになるんだろうなあ」と思っていました。

Q:高校は國學院久我山のサッカー部に進まれた訳ですが、U-18には昇格できなかったという形ですか?

A:むしろ昇格できるかできないかのボーダーラインにもたぶん掛からないぐらいだと思っていたので、母親には「昇格は難しいから高校に行く」と言って、久我山に行きました。

Q:U-15時代は試合には出ていたんですか?

A:最後の高円宮杯はメンバー外でした。3年生の時もほぼ試合には出ていなかったと思います。

Q:國學院久我山を選んだ理由は何だったんですか?

A:僕は通っていた中学校まで歩いて40分ぐらい掛かっていたんです。だから、とりあえず「自転車で行ける距離が良いなあ」と思っていて、「電車に乗りたくないなあ」とも思っていました。それで自転車で15分くらいで行ける高校があったので、そこにスポーツ推薦で入ろうとしたら、もうその枠の募集が終わっていたんです。「じゃあどうしよう?」というタイミングで「まだ久我山が募集している」ということを知って、「じゃあ久我山に行こう」と。その時は勉強のできる学校だということは全然知らなかったので、「自転車で30分くらいで行けるから」という感じで、運良く受かって「自転車でも通えるし良いなあ」という感じです。全然理由になっていないですよね(笑)

Q:久我山は校庭も広くないですし、練習時間も限られていて、環境面で凄く恵まれている訳ではないのに、それ故なのか面白いことをやっているなという印象がありますが、そのあたりはいかがですか?

A:今の練習はまったくわからないですけど、当時の僕もどういうサッカーをしているとか、学力がどうとかはまったく知らずに、とりあえず近いという理由だけで入りましたからね(笑)
でも、実際に入ってみると顧問の方がいない日はミニゲームばかりでしたし、顧問の方が来ても3対2のような練習ばかりだったので、僕は凄く面白かったです。中学の時はもちろん楽しい思い出もありますけど、悔しい想いをしたことの方が多かったので、ミニゲームをやっている時は凄く楽しかったです。

Q:当時の李(済華)監督は教員ではないこともあってか、あまり高校サッカーの指導者っぽくない方ですよね?

A:そうですね。体の使い方だったり走り方だったり、パスの置く位置やパスの質だったり、そういう部分を教えてもらいました。「うまくスマートにボールを回しながら崩して行きましょう」というような、今で言うスペインみたいなサッカーをやっていたので、そういう部分では自分のサッカースタイルに凄く合っていたのかなとは思いますね。

Q:高校2年の時に久我山はインターハイで全国大会に出場したと思いますが、試合には出ていたんですか?

A:その時には前十字靭帯を切ってしまっていました。本来ならメンバーには入れていたはずでしたけど、それから1年間ぐらいはずっとサッカーができなかったんです。

Q:全国を目の前にしてケガをしてしまったというのは、かなり残念な想いをした経験という感じですか?

A:もちろん凄く残念でしたけど、「高校3年じゃなくて良かったな」とも思いました。それに今から考えればその時期に凄くたくさん勉強ができて、結果的に良い大学に行けたので良かったですけど、当時は苦しさもありました。

Q:そうすると3年時も復帰したのは夏ぐらいですよね?

A:そうですね。夏ぐらいに復帰して。最後の選手権はコンディションもまったく戻らなかったですけど、前線の選手がケガをしたのでフォワードで出て、最後は足が攣ってしまって80分間は出られずに、交替してチームも負けました。

Q:そう考えると久我山での3年間というのは、少しキャリア的には難しかった時期という印象でしょうか?

A:高校の合宿とかに行ってみんなで騒いだりするのが楽しかったですけど、それもケガがあって2,3回しか行けなかったですし、そういう部分ではサッカーで考えると難しい時期ではあったと思います。ただ、先ほどもお話しした勉強の面では凄く成果が出たので良かったです。

お知らせ

◆ 2015 J1 2ndステージ 第14節 ― 毎節1試合を生中継でお届け!
10月17日 (土) 午後1:50〜 FC東京 vs. 湘南ベルマーレ J SPORTS 3
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!! » Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ