宮本賢二さん、村上大介選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます! 10月のゲストは昨年のグランプリシリーズNHK杯で優勝するなど大活躍し、笑顔が印象的な村上大介選手。第2回は昨シーズンの振り返りなどを語っていただきました。

モロゾフコーチに師事

――日本に来て練習環境が揃ってきて、ニコライ・モロゾフコーチに習ってたよね。その時はどういう生活?コーチの教え方とかどんな感じ?

村上:モロゾフ先生は、練習拠点を変えることが多かったので、ついていくのが難しかったです。

――ついていくのが?イタリアにも行ってたよね?

村上:オーランドも行ったし、ニューヨーク、コネチカット。流石にロシアは行かなかったです。

――その時にDiceに会ったら、おやつに朝ごはんのシリアルみたいなのをポリポリ食べたたのを覚えているわ

村上:(笑)。

――体重管理をきっちりしているって。いつも真面目にやってたよね。

2007年全日本ジュニア5位

――全日本ジュニアで何位やったん?

村上:5位でした。

――すごいやん。自分としてはその順位はどうやったん?

村上:納得していなかったです。初めての全日本ジュニアで表彰台に乗りたかったので、5位で悔しい思い出です。タクシーの中で大泣きしてました。運転手にすごく目を見られました。ミラーで。

――そりゃそうでしょ?一人で?

村上:一人です。結構泣くので。

――泣いたところ見たことない

村上:えっ?

――あるわ。結構失敗したの?フリーで?

村上:失敗しました。

――ちなみにその時1位って誰やったん?
補足)
1位無良
2位佐々木
3位羽生
4位吉田

村上:無良選手でした。

――悔しかったんやね。その悔しい思いがあって練習して今度はジュニアグランプリ。

村上:メキシコ大会です。

――どうやった?

村上:メキシコに着いて公式練習して、それから棄権になりました。

2008年ジュニアGP公式練習後棄権

――えっ?!なんで?

村上:書類が整ってなくて。それがないと試合に出られないと言われて。

――マジ?

村上:ショートのドローの日に、棄権になって飛行機に乗って帰りました。

――(苦笑)。周り誰か気づかんかったの?

村上:はい。

――なんとも言いようがない、ただの書類不備。今度から気をつけていこう。怪我でアレなんやけどNHK杯の時に脱臼をしたよね

2012年NHK杯肩を脱臼→棄権

――あの時は大変やったんや。なんかコメントしづらいわ。確か見に行った気がする。どこやったっけ?

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ