宮本賢二さん、羽生結弦選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
記念すべき新シーズン最初のゲストはソチ五輪・金メダリストの羽生結弦選手。第4回では昨シーズンの中国GPでのアクシデントなどについて語っていただきました。

飛躍の12/13シーズン

――(コーチを)ブライアンにやってもらっていて、どんどんいろんな試合がありました。まずは四大陸があって、全日本は初優勝でした。そこからのグランプリでしたね

羽生:グランプリの年にブライアンに変わって、その年のグランプリ一戦目でショートで世界最高得点を出してるんですね。それが大きかった。それで名前が売れた。
補足)SP世界最高得点(当時)
95.07@GPカナダ 95.32@NHK杯

――いや、名前はもう売れてたけどね(笑)

羽生:自分でもびっくりしました。衝撃的でした。ショートでジャンプの内容は完璧だったかもしれないけど、うまくできてないこともけっこうありました。納得もしてない状態で「90って、え?!95って?!85じゃないの?」って。すごいびっくりしました。
90っていうと当時、パトリック選手がノーミスで92、3の時代でした。90なんて出したら異次元だったんですが、出ちゃったのでびっくりしました。

――出ちゃったんだ

羽生:出ちゃいました。そしたらフリーがボロボロになりましたけど(笑)。

――前と逆に

羽生:そうなんです。その年からショート得意、フリーボロボロのパターンになってきました。

――でも、先シーズンのショートが一番良かったのは、最後の最後のエキシビションの時だったでしょ?

羽生:そうですね。エキシビションで初めてノーミスでした。そのシーズン、エキシビション以外ノーミスがなかったんですよ。

――(笑)

羽生:グランプリファイナルのフリーもあともうちょっとだったのに、ルッツの前にめっちゃ疲れてて、跳べる気がしなかったですもん。

とりあえず基礎点

――跳べる気がしない時はテンション的にどう持っていくの?

羽生:とりあえず跳ぼうみたいな。とりあえず基礎点もらおうみたいな(笑)。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
9月ゲスト・・・羽生結弦選手
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ