宮本賢二さん、羽生結弦選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
記念すべき新シーズン最初のゲストはソチ五輪・金メダリストの羽生結弦選手。第3回では羽生選手の被災地に対する想いなどについて語っていただきました。

東日本大震災

――地震があって、俺なんかが言葉にするようなことじゃないんやけども、それがあったことで何か影響とか自分の心というか思ったことの話をちょっとしてもらえたらなと思って

羽生:あんまりきっかけとかプラスっていう表現は使いたくないんですけれども、そのプラスマイナス関係ない話としてきっかけっていう言葉を使いますけど。震災があったことによって表現しようと思う気持ちっていうのはその上限も下限もかなり広がったなというのもありますし、あとはスケートに対する想いというか、スケートをやっている意味、またスケートのみならず羽生結弦という存在。僕自身が感じている普通の羽生結弦と、スケーターとしての羽生結弦と、被災地代表としての羽生結弦とそれぞれいろんな羽生結弦像があって。じゃあそのどれを信じたらいいんだろうみたいな葛藤もありました。

――“花になれ”ってやってたやん。あれは振り付けは振り付けなんやけども、良かったよね

羽生:あれが多分初めて僕が日本語の曲で滑ったものだと思いますし、初めて賢二先生に振り付けてもらったものですし。震災前のやつなんですけど、今もずっとやろうと思えるのは、僕自身その歌に救われたっていうのもあるし、歌詞の意味を考えた時に、僕の辛い経験とかをリンクさせることもできますけど、僕がその辛いことから乗り越えたみたいな表現をすることによって、その歌詞を皆さんが自分自身と照らし合わせたりだとか、または他の方を思ってそれをリンクさせたりだとか、そういうことをして頂けるプログラムだと思うので、非常にまだ大切に滑らせて頂いてます。

――それ以降すごい活躍になってきた。で、その時はどういう気持ちで試合に挑んでたかな?

羽生:最初は嫌でした。やっぱり被災地代表じゃないけれども、もちろん津波の被害にもあってないし原発の被害だって仙台は放射能に関してはそんなに注目されてないんですけど、その中で「自分はただ好きでスケートやってきたのに、なんでこういうものを背負わされなきゃいけないんだろう?」という気持ちもあったと共に、「でも僕にしかできないことなんだよな」っていういろんな思いもあって。だから最初のうちは、「僕は被災地代表としてではなくて、日本代表の1人として、羽生結弦としてこれから挑む試合に出ます」って言ってたんですね。ただ、そこからいろいろ試合を経て、たくさんのお手紙とかを頂いて思ったのは、今もすごく大事にしてることなんですけど、僕が被災地に近いとか、仙台も津波で被災した地区もあるんですけど、そういう所からがんばること、そういう所出身の選手ががんばることによって、より何か元気になって頂ければ、何か心が動くような演技ができれば。そういう思いを持ってやってたのが、その手紙とかをいろいろ読んでたら被災地の方々からエールを受けてて、逆に支えられてるというか。もちろん被災地の方々じゃなくても日本全国の方々から。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
9月ゲスト・・・羽生結弦選手
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ