宮本賢二さん、羽生結弦選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
記念すべき新シーズン最初のゲストはソチ五輪・金メダリストの羽生結弦選手。第2回では羽生選手が得意とするトリプルアクセルやシニアデビュー時の苦労話などを語っていただきました!

ダブルアクセルはいつ跳べた?

――ダブルアクセルっていつ跳べた?

羽生:3年生の終わりくらいに跳べてたのかな?

――え、マジ?

羽生:小4だっけか?3年生で跳べてるよね?というくらい自分で覚えてないんですけど。初めて全日本ノービスに出させていただく時に、やっぱりダブルアクセル跳べないと話にならないので、かなりダブルアクセルというものにはこだわりはありました。それにその時教えていただいてた都筑先生が「アクセルは本当にキングオブジャンプじゃないけれど、アクセルが跳べないとこの先何もできないから」って。自分の練習時間が結構あったんですけど、ほんとに4分の3くらいずっとアクセルに費やしてましたね。

――スケート始めて大体どれくらい?

羽生:シングルアクセル跳べるのも異常に早かったみたいで、なんかびっくりされてたみたいなんですけど、自分はちゃんと覚えてないんですけど。

――やっぱあれやわ、変やわ

羽生:アクセルは変人だと思います、ちょっと。それくらい好きなんですよ、アクセルは。特別感あるじゃないですか。

――ダブルアクセルからトリプルアクセルになる時は、何かこう変えたとかこだわったとかあったん?

羽生:多分、根本的には変わってないと思います。僕自身すごくイメージを大事にするタイプなので、初めてダブルアクセル跳べた時は姉の見てて跳べたんですけれども。

――え?見て跳べたの?

羽生:そうなんです。ずっと跳べなくて跳べなくて、まあ跳べない期間も人よりは短いと思うんですけれども。その姉が跳べてるジャンプを絶対跳んでやるみたいな。あとこうやったら跳べるんじゃない、みたいな感じで跳んだのは覚えてます。トリプルアクセルも同じなんですよね、その浅田選手が全日本の合宿の時にいて、その時に、浅田選手あんなに細いし、あんなに華奢な体っていうか筋肉とか使わなくても跳べるんだって思って。じゃあ僕も跳べるよねって思ってやったら跳べたので。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
9月ゲスト・・・羽生結弦選手
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手

◆新商品発売を記念して、商品ご購入のお客様の中から抽選で10名様に、
宮本賢二さんと9月ゲストの羽生結弦選手のサイン入り写真プレートが当たる
「KENJIの部屋パック プレゼントキャンペーン」実施中!
≫詳しくはコチラ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ