Q:愚問ですけどメッチャキツいですよね?(笑)

A:ハハハ。やっぱり相手もその弱みを突いてきますし、キツい時も正直ありますけど、これでそこをやりこなせなかった時の悔しさもありますし、逆に「コレ、今日イケてるな」と言う時の楽しさみたいなものも自分の中ではあったりもしますけどね。

Q:その「今日イケてるな」という試合が前節のガンバ大阪戦だったのかなと勝手に思っているんですけど、あのゲームはいかがでしたか?

A:良いゲームだったと思いますし、最近は少しボールを持った時もちょっと息をつけるくらいボールも持てますし、今まではずっと速かったりするので「縦に、縦に」という感じが多くて、それこそ中盤もずっと息が上がっている状態で、ボールが来ても何も見えてこないというか、そういう感じもあったんですけど、少し心拍数を落とした感じの時間もあるので、それが良い風に出ているのかなと思います。あとは、中盤を4人でやっている時もありますし、この間は3人でやって、相手としても「どっちで来るのかな?」と思っている面もあると思いますし、やっぱり少しずつ「3枚だったらこうしようかな」というのがわかってきたので、うまくぼかしたり、守備の所でも行く時と行かない時とか、そういうのがうまく行っている時はあるので、ガンバ大阪戦に関しては途中でシステムも3枚の時と4枚の時がありましたけど、トータルで言ったら自分たちがコントロールできた試合かなと思いましたね。

Q:ガンバ大阪戦でお聞きしたいシーンが3つあって、1つは1点目のシーンなんですけど、カウンター気味に右サイドからクロスが入って米本選手が決めた時に、中盤は3枚の状態でやっていた中で、米本選手と羽生選手だけがエリア内に入っていたと思いますが、あれはオーガナイズとしてはOKなんですか?

A:たぶん(前田)遼一があの時は外に出ちゃっていて、最初のポジショニングとかっていうのは今まで練習しているようなポジショニングの取り方じゃなかったと思うんですけど、(河野)広貴がサイドに出たので、中では遼一もいないですし、一番てっぺんの選手がいなくなっているという中でポジションを取って、うまく(ネイサン・)バーンズと一緒に3人でアタッキングサードというかエリアに入れたので、「アレ、これってチャンスかな」と思って(笑)
「でも遼一はいないしな」と思っていたので、僕も「じゃあ中に行かなきゃ」と思って。ヨネ(米本拓司)も後で聞いたら「遼一さんがいなかったんで、誰もいないから入んなきゃいけなかったですよね」と言っていたので、そういう感じのポジショニングの取り方だったんですよね。僕もヨネも得点に絡むことが少ないと言われていますし、得点に絡みたいとは思っていたので、そういう意味ではそうやって思っていて、周りからもそう言われている“負い目”を感じていたので(笑)、そういう2人が中で待っていたという形になったと。遼一がいなかったというのが、結果的にああやって僕らが2人で中に入って行ったということになったと思います。

Q:2つ目は2点目のシーンで、中盤は4枚になっていた状態であれもカウンターから米本選手と羽生選手が前に入って行ったと思いますが、今シーズンの初アシストになったあのシーンはいかがですか?

A:ガンバ大阪の戦い方がもちろん攻撃的だと思いましたし、試合が始まってあそこの時間帯になるまでも、中にパスワークで入ってきて外を使ったりとか、中を見せて外、外を見せて中、という感じでやっていて。ただ、そうやるためにはやっぱり攻撃の時には中にも人数が多いですし、外も高い位置を取っているというチームだと思うんですけど、裏返したらそれを奪った後はそこにスペースがあるというのは前からわかっていたので、あの時は中に入ってきた所を引っ掛けて、ヨネが持ち出した時に「あ、ここ頑張んなきゃいけないな」と。「ここ頑張って出ていく所だな」と思いましたし、「あ、これチャンスになるわ」と思ったので、長い距離を出て行ったんですけどね。「僕には出さないかな」とは思いましたけど、とにかくヨネの選択肢を増やすためにもというか、だいぶ後ろからだったので何人で出て行ったかというのはだいたいわかっていましたし、遼一がいて、バーンズがいて、というのはわかっていたので、もう1枚選択肢を作ってあげて、「あとはヨネがどうするのかな」と思っていましたね。ヨネが丁寧なボールで僕に渡してくれたので、逆にクロスの時は緊張していました。イメージはあったんですけど、自分の技術力は成功するまで疑ってましたけど(笑) 「うまく行って良かったな」という感じでしたね。

Q:3つ目にお聞きしたいのは89分に左サイドへ右から斜めに走って行って、ファウルをもらって1分くらい時間を潰したプレーがあったと思うんですね。あれってあの状況で物凄く大事なプレーだったと思っていて、あの時間にフィールドで最年長の選手が逆サイドまで走って行ってFKをもらうというのは、何て素晴らしいプレーだと思ったんですけど、あれに関してはいかがですか?

A:そうやって言ってもらえると僕も助かりますけど(笑)、むしろそういうプレーが大事だと言ってくれる人がいること自体に、年を取ってきた意味があったなとも思います。「今、何が大事かな」というか、「今、頑張ることは何なのか」というのは常に考えてやっているつもりなので。あれは流れの中で、自分としてはパスコースを作る動きの中であそこに出て行って、仮にファウルとかもらえなくてもあそこまで進めて、もう1回相手のボールになったとしても、一番遠い所からのスタートになるので、自分がもう少し後ろの位置で取られるよりは、前に入って行って距離を稼ぐというか、そういうプレーだったとは思うんですけどね。特に意識しているというよりは、自然に「ああ、もうここしかないかな」という感じでした。あの回し方だと「ここで1回潰れるしかないかな」という感じで行ったんですけど、どちらにしてもベテランと言われていても走ることがベースの選手ですから。例えば一緒にヤット(遠藤保仁・G大阪)も出ていましたけど、ヤットのクオリティは僕にはないので、何で年を取ってきたかと言ったら走って年を取ってきたので、そこだけは失わないようにというか、そこは大事にして、その中でいつ走るのかとか、何で頑張るのかという所で自分の中で判断しているので、そこはよく見てくれている人には良く見えたというか、たまたま結果的にうまくいったように見えたシーンだと思います。

Q:ファンタジスタ時代を知っている同い年としては、心が震えましたよ(笑)

A:高校ぐらいまではファンタジスタを目指していたんですけどね(笑)
でも、プロになってからは「最後まで汗をかこう」と決めたので。足先だけとかではたぶん自分はやって来られなかったので、最後まで汗をかいてというのをここ何年か見てもやってきていますから。「もうちょっとベテランらしく」とかって思うんですけど、基本的にはハードワークしてという風に、もう腹を括りました(笑)

Q:ファーストステージの名古屋戦はベンチからご覧になっていたと思いますが、名古屋の印象というのはいかがですか?

A:やっぱり個が、攻撃的な選手や中盤から前の選手は一芸を持っているというか、時間とスペースを与えたら何でもできちゃうみたいな、個の力が高いかなという印象ですかね。なので、集中してずっとやらないと難しいと思いますし、自分たちが何となく「自分たちのペースかな」と思っていても、それを帳消しにしてしまうようなワンプレーとかで試合を創っていくというか、そういう印象ですね。

Q:FC東京にとって名古屋戦の理想的なゲーム展開というのはいかがですか?

A:自分たちが一番楽な展開というのは、どのゲームでもあまり変わらないですけどね。守備をベースにしていると思うので、まずはやられない所から。逆に攻撃の好きな選手も多いと思うので、そこを逆手に取ってどんな形でも1点取れれば、逆に闘莉王選手とかも出てくると思いますし、僕らにとってもスペースとかが生まれてくると思うので。名古屋戦は“怒りの闘莉王選手”とかは結構怖いので(笑)、やられている印象もありますし、もちろん我慢強くいつも通りやって、その跳ね返りというかそれを利用してという感じがいいですかね。

Q:最後にサポーターへメッセージをいただけますか?

A:いつも応援ありがとうございます。アウェイゲームということで、テレビでご覧になってくれている人も多いと思いますけど、闘莉王選手に負けずに頑張ります(笑)コレ、大丈夫かな(笑)
今は連勝中ですし、この連勝を続けてまたホームに帰って来られるように頑張りますので、応援宜しくお願いします。

お知らせ

◆ 2015 J1 2ndステージ 第8節 ― 毎節1試合を生中継でお届け!
8月22日 (土) 午後06:50〜 名古屋グランパス vs. FC東京 J SPORTS 3
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!! » Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ