自ら「高校の時は何もなかった」と話す男は、大学での4年間で飛躍的な成長を遂げると、今シーズンからプロの世界に身を投じる。
すると、走る。走る。駿足を生かして“先輩たちを”ぶっちぎり、JリーグデビューもJリーグ初ゴールも既に手にして見せた。伊東純也。22歳。
その持ち前のスピードさながらに加速度的な成長曲線を描き、五輪代表も視野に入れつつあるルーキーが語るPre-match Words。

Q:ファーストステージのチームを振り返っていただけますか?

A:最初は監督も変わって、新しい選手も入って、まあ自分もなんですけど(笑)、やり方がまだ統一できていなくて連敗していて。でも、最後の方になってまとまって、甲府らしいサッカーで負けないサッカーができていたと思います。

Q:プロ1年目ということでキャンプ中やシーズン序盤でプロの厳しさを実感するようなことはありましたか?

A:特別指定というか、大学生の時に1回キャンプも参加して、大学より当たり前ですけどプレッシャーとか速くて、そういう部分に慣れていかないと通用しないんだなと思いました。

Q:逆に「ここはプロでもやれそうだな」と感じたのはどういう部分ですか?

A:前を向いて受けられたり、スペースに抜けたりというのは十分通用すると思うので、そこは自信を持ってやっていきたいと思っています。

Q:大学の時は3年で得点王、4年でアシスト王とゴールに絡むプレーが多かったと思いますが、そのゴールに関わる部分で大学とプロの違いは感じましたか?

A:チャンスが大学の時より少ないので、そういうチャンスをいかにモノにするかというのは大事かなと思います。

Q:その少ないチャンスを大事にするために心がけていることはありますか?

A:やっぱりチャンスになると焦っちゃうので、いつも試合前に「ゴール前は冷静にやっていこう」というのは意識しようと思っています。

Q:伊東選手にとってもリーグ初スタメンで初ゴールを挙げた鹿島戦はターニングポイントだったと思いますが、あのゲームはどういう気持ちで迎えましたか?

A:まずは連敗を止めたいというのがあって、得点もあの時は(チームで)まだ2点くらいしか取っていなかったので、自分が出たら点を取ってやろうという気持ちでやりました。

Q:その鹿島戦のJリーグ初ゴールを振り返っていただけますか?

A:確かキーパーが蹴ったボールがゴチャゴチャとなって、アベタクさん(阿部拓馬)に行った瞬間に「タクさんなら出してくれるな」と思って、裏に走ってうまく来て、あとは空いている所に蹴るという感じでした。

Q:少し裏に抜けてからGKとの1対1に時間があって、シュートコースもいくつかありましたが、一番良い選択でしたね。

A:あそこでうまく逆が空いていると思って、ボールは浮いていたんですけど、抑えて打てば入るかなと思って。そんな感じでした。

Q:入った瞬間はどうでした?

A:入った瞬間は嬉しかったですけど、まだ後半が始まったばかりだったので、「まだ1−0じゃ危ないな」という気持ちはありましたけどね。

Q:そこまでも勝てそうで勝てない試合があったり、凄く難しいチームの状況の中で、後半の45分間というのは長かったですか?

A:そうですね。でも、チャンスを後半は結構創れていたので、それをもっと決めていれば楽だったかなと思います。最後の方は長かったですね(笑)

Q:あの鹿島戦のゴールでチームの中での立ち位置というか、周囲の選手からの信頼が変わったなという手応えはありましたか?

A:そんなに変わってないとは思うんですけど、自分が入っていると結構みんな最初に見てくれるので、そういうのは期待に応えられるようにという感じでやっています。

Q:自分の中であのゴール以降は周囲に要求しやすくなったようなことはありますか?

A:結構自分は言うタイプなので、普通に出して欲しい時は「出して欲しい」と言います。

Q:監督が佐久間さんに替わって結果は大きく変わりましたが、伊東選手から見て佐久間さんが監督に就任してからチームはどう変わりましたか?

A:監督が替わって、順位も最下位で、やっぱり危機感があって、そこからうまくハマって勝てるようになって、流れに乗れたという感じです。

Q:どこがうまくハマったんですか?

A:やっぱりオミさん(山本英臣)を中心に守備陣が安定して、点を取られないというのが攻撃にも繋がってきて、それで点も入るようになって勝てるようになって、良いリズムができてきたと思います。

Q:おそらくラインの設定が少し下がって、逆にカウンターがしやすくなったことで伊東選手の持ち味が出やすくなったのかなという印象もありますが、そのあたりはいかがですか?

A:元々去年からしっかり守ってカウンターというのはあったと思うんですけど、それが最後の方はうまくできて、自分もうまく抜けられてという感じではありました。

Q:新潟戦のゴールも振り返ってください。

A:アベショー(阿部翔平)さんが良い切り替えで取ってくれて、マルキ(マルキーニョス・パラナ)が前を向いた瞬間に「敵とちょっと離れてみよう」と思って、離れて要求したらボールが来て、あとは1対1だったので、これも逆サイドに流すだけでした。

Q:動き出しで「勝負アリ」というゴールだったと思いますが、あれは駆け引きもうまく行った感じですか?

A:そうですね。DFの横に立って、出した瞬間に走ったら「抜けた!」という感じだったので、出た瞬間に「あとは決めるだけだ」と思いました。

Q:GKも良いポジションにいて、角度もそんなになかったと思いますけど、左足で落ち着いて蹴れましたか?

A:そうですね。「逆サイドに打てば入るかな」と思って、落ち着いてできました。

お知らせ

◆ 2015 J1 2ndステージ 第1節 ― 毎節1試合を生中継でお届け!―
7月11日 (土) 午後6:50〜 ガンバ大阪 vs. ヴァンフォーレ甲府 J SPORTS 3
»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ Jリーグコラム掲載中!!
☆現役選手・監督・解説者に毎節試合前に語ってもらう 『Pre-match Words』
» 土屋雅史コラムを読む
☆毎節試合のプレビュー/レビューコラムをお届け!! » Jリーグコラムを読む

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ