陸上競技では1万人以上の観客が入ることはほとんどない。したがって、これまでも使用料の高い国立競技場での陸上競技の開催はほとんどなかったのだ。巨大な屋根を取り付けることによって維持費はこれまでの数倍はかかるわけで、旧競技場より使用料が高くなるのは間違いない。陸上競技に使用できるとはとても思えないのだ。 世界陸上でも開催すれば、多くの観客が集まるだろう。だが、その際ネックになるのはサブトラックが付設されないことだ。大規模な競技会の開催は難しい。第一、サブトラックがないと、現在の規則では第1種陸上競技場として公認することもできないのだ。

では、サッカー、ラグビーで頻繁に使用できるだろうか?もちろん、交通の便も良い国立競技場では、たとえば天皇杯などサッカーに使用する機会はあるはずだが、これから日本でもサッカー専用スタジアムが少しずつでも増えてくるはず。そんな時代に、試合が見にくい陸上競技との兼用スタジアムで多くの試合が行われるとも思えない。

実際、2002年ワールドカップで新しいスタジアムが造られて以降、旧国立競技場はほとんど国際試合に使われなかった。たとえば、日本代表にとって最も重要なワールドカップ予選は、ほとんどサッカー専用の埼玉スタジアムで開催されているではないか。

ラグビーでも同様だ。ラグビーの場合は、国立競技場のごく近くに秩父宮ラグビー場という専用スタジアムが存在するのだ。そして、秩父宮も現在の野球場と場所を入れ替えて新しく整備されることが決まっている。ラグビーの場合も、陸上競技との兼用スタジアムより、専用スタジアムの方が使いやすいのは当然だ。秩父宮に収容できないほどの大観衆が集まる試合が、果たして1シーズンにいくつあるのだろう。

では、そのために開閉式屋根を取り付けるという(それによって、建設費も維持費も大きく膨らむ)コンサートはどうだろう?しかし、どう考えても8万人の観客を動員できるイベントが年に10回もあるわけはない(試算では、年6回の開催となっているらしい)。
というわけで、1000億円以上(実際には2000億円を超えるだろう)の建設費を費やし、毎年数十億円の維持費がかかる新国立競技場は、ほとんど稼働しないことになりかねない。

お知らせ

J SPORTSオンラインショップで予約受付中!!
Foot!×内巻敦子さんコラボ
「Get on the Good Foot!」Tシャツ&グッズ
≫商品を詳しく見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ