ウェイン・ルーニーといえば、父親や叔父たちが(アマチュア)ボクサーであるという環境から大のボクシングファンであることはよく知られているかと思います。タイトルマッチを観戦しているところ、有名なボクサーたちとのツーショット写真などもよく目にします。元WBA世界スーパーライト級王者リッキー・ハットンに腕相撲を挑み勝利し、大喜びしたこともありました。ルーニー自身も10代前半にかなり真剣にトレーニングをしていて、15歳の時に当時所属していたエヴァートンから、「フットボールかボクシング」かの選択を迫られ、フットボールを選んだというエピソードの持ち主でもあります。

そんなルーニーは以前から自分が16歳という若さでプレミアデビューできたのも、その後激しいリーグで活躍するための強さもボクシングで培ったとし、ストレス発散にも良いとボクシングのトレーニングを今でも行っているようです。日本でも他競技の選手が練習の一環としてボクシングを取り入れることは聞きますし、それ自体は当然問題になることではないのですが、現在、ルーニーのボクシングに関連する動画が英国メディアを騒がせています。

その動画とはルーニー同様大のボクシング好きである元マンチェスター・ユナイテッドで、現在はストーク・シティに所属するフィル・バーズリーと自宅豪邸のキッチンでボクシングをして、ノックアウトされたと見られるものです。「サン」によるとこの動画はスウォンジーとの試合が終わった後の2月22日に撮られたものだとされており、バーズリーの強烈なパンチを受け仰向けに倒れたあと、ルーニーが動かないまま動画が終わっています。「ミラー紙」によると、その場に居合わせた友人曰く、冗談交じりで始まったものが次第にエスカレートしてしまい、度を超したものとなってしまったようでルーニーが倒れた際には大きな音がし、頭を強打したのではないかと心配したそうです。

お知らせ

◆無料で読める海外サッカーメルマガを配信中!
ひと目でわかる番組表付き!
試合前に読んでおきたいプレビューコラム満載
メルマガ登録はコチラ

◆プレミアリーグ全試合LIVE配信!PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ