早いもので、西勇輝も今シーズンでプロ7年目を迎える。デビュー間もない頃は「スマイル王子」の異名を取るなど、マウンド上で笑顔を絶やさない姿が非常に印象的だった。

良く言えば天真爛漫、弟のような可愛らしさが彼の持ち味というのは、よく知られていることだ。しかし、年を経るごとに顔付きも鋭くなってきた。経験を積むことで、主力投手としての自覚が芽生えてきたのだろう。

昨季はその自覚を感じさせる活躍が多く見られた。シーズン初先発の開幕2カード目・イーグルス戦で勝ち星を挙げると、4月だけで5戦5勝の大活躍。その後、8戦8勝まで記録を伸ばし、期間中のQS率(QS=クオリティースタート、6イニング以上3自責点以下を指す)は脅威の100%をたたき出した。

ただ、文句の付けようのないシーズン序盤を過ごした一方で、終盤に入るともろさを露呈。ペナントレースの行方を左右する8月以降はわずか1勝しか挙げられなかった。

チームはゲーム差なしで惜しくもリーグ優勝を逃し、西自身も覇権争いをしていたホークスとの直接対決で満足な投球をできなかった。降板後に流した悔し涙は本人の忸怩たる思いからだろうが、ファンの心にも突き刺さるものがあった。

迎えた2015年。オフの自主トレーニングでは「例年の倍以上は走り込んだ」と自らを徹底的にいじめ抜き、実家近くの神社では約300段ある石段登りを1日10 本も敢行。

お知らせ

◆オリックスバファローズ オープン戦放送予定
・3月07日(土)午後0:55 オリックス vs. 巨人 J SPORTS 3
・3月08日(日)午後0:55 オリックス vs. 埼玉西武 J SPORTS 3
・3月10日(火)午後0:55 オリックス vs. 東京ヤクルト J SPORTS 3
・3月11日(水)午後1:55 オリックス vs. 東京ヤクルト J SPORTS 3
・3月12日(木)午後0:55 オリックス vs. 楽天 J SPORTS 3

広島、中日、オリックス、楽天、4球団主催オープン戦を合計20試合以上放送。
さらに3月27日のレギュラーシーズン開幕からはクライマックスシリーズまで、4球団主催ゲームを260試合以上放送します。
★放送予定はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ