これから3月末にかけて、プレミアリーグのスタジアムで、多くの日本人の若者たちを見かけるようになる。春休みを利用して、海外を旅行中の学生たちだ。

この時期は毎年、イングランドだけではなく、欧州全土のスタジアムのどこでも、日本の若者を見かける。辺鄙な地方での試合だろうが、超人気カードだろうが、彼らはやって来る。日本の経済力の強さと、その好奇心、サッカーを愛する心に敬服する。その多くが男子だが、近年は女子だけのグループもちらほら見かける。なかなか頼もしいのだ。

だが惜しい。もう少し、工夫すれば、もっと楽しめるのに、と思うことがある。まず恰好だ。できれば応援するチームのユニホームか、せめてマフラーを巻い て、地元ファンに同化したほうが、絶対に楽しい。何もオフィシャルの今季のユニホームではなくても、露天で売っているTシャツでもいい。にわかファンで十分。どちらかのチームのユニホームを着て、その日の立場を明確にすれば、どちらかのファンが声をかけてくれるから、断然気持ちが乗って来る。

ちなみに英国で「ユニホーム」と言っても、通じない。「ゲームシャツ」もしくは、単に「シャツ」と言う。ただし気をつけなければならないのが、入手したチケットの席の場所との関係だ。プレミアリーグの試合の場合、もしホームチームのサポーター席で、対戦相手のユニホームを着用すると、スチュワードと呼ばれる警備員に「脱げ」と言われるか、場合によっては、試合中だろうがそのまま「退場処分」になることもある。

お知らせ

◆ 直筆サイングッズやTシャツ、マフラーなどプレミアグッズが多数発売中!!
»商品を見る


◆ 14/15イングランドプレミアリーグをお見逃しなく!

»特集ページを見る
»放送予定一覧を見る


◆ プレミアリーグ全試合LIVE配信!PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。


スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ