PP:今季は出場試合すべてで金メダルを獲得し、まさに絶好調ですね。今季の大活躍の理由は?

アンドリュー:特に変わったことはしてません。過去9シーズンの努力の成果が実ったんだと思います。リンクにいる時は常に成長を意識してます。今季はすべての試合で勝ってるからと言って「ふぅ〜、俺たち、いい感じじゃん」なんて気を抜くことはありません。どんなに勝利の喜びを味わったとしても、リンクに戻ればそのことは忘れて自分たちを限界まで追い込むんです。まだまだ成長の余地はありますし、演技をするたびにより成長した部分を見せたいんです。グランプリファイナルで優勝した後、友人のイリヤ・クーリックに「2人ともおめでとう。さあ、このことは全部忘れて、次の目標に向かって努力する時間だ」と言われました。本当にそのとおりです。

PP:世界選手権での目標を教えてください。

アンドリュー:今季のいい流れを嬉しく思ってますし、完璧なシーズン前半を経てシーズン後半に突入できたことには満足してます。今回のナショナルの勢いのまま、ワールドで頂点に立ちたいですね。

PP:日本にもファンの多いお2人は試合やショーで何度も来日されていますが、まだ行ったことのない場所、これから行ってみたい場所などはありますか。

ケイトリン:長野にはまだ行ったことがないんです。東京には何度も行ってますが、そのたびに新たな発見がある街です。毎回新しい場所を見つけに行くのを楽しみにしてます。福岡や横浜などにも行きましたが、日本中を上から下まで横断してみたいですね。

アンドリュー:個人的には、富士山に登るのが夢です。(試合やショーが)オフの日はたいてい移動日に当てられるのでまだ実現できてないんですが、死ぬまでにやりたいことの1つです。

PP:元々アウトドアがお好きなのですか?

アンドリュー:そういうわけじゃないんですが(笑)初めて参加した(2007年の)世界選手権が東京開催で、遠くから富士山を目にしたんです。そんなに危険な山ではないと聞いたので、その時からずっといつか登ってみたいと思ってます。

PP:日本のファンに一言お願いします。

ケイトリン:(日本語で)こんにちは、みなさん!ありがとうございました!

アンドリュー:僕の知ってる日本語を全部、先に言われちゃったよ(笑)やあ、ホーム……いや、日本にいるみんな!

ケイトリン:今、ホームって言ったでしょ(笑)ホームみたいな気分がするものね。

アンドリュー:日本のホームのみんな!(笑)いつも応援してくれてありがとう。近いうちに会えることを、楽しみにしてます。

PP:本日はどうもありがとうございました。四大陸選手権、世界選手権でのご活躍をお祈りしています。

photo

Pigeon Post ピジョンポスト
フィギュアスケーターの"声" "今"を届ける記者チーム(Pigeon Post HP)。
日本チームを中心に、世界のフィギュアスケートを特集する日本語英語のバイリンガルサイトで、インタビュー・リポートを掲載。Twitterをポータルとして、新しい記事の紹介やニュース、イベントのリポートまで、ワンストップで伝える。FacebookもTwitterと連携させている。

お知らせ

◆ J SPORTSフィギュア公式Twitter
最新コラムや番組ウラ情報を配信!»@jsports_figure


◆ カナダフィギュアスケート選手権 2015
熾烈な戦いとなる男子シングルは必見!さらに有力選手がひしめき合う女子シングル、ペア、アイスダンスにも注目!
»再放送予定一覧を見る

»特集ページを見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ