振付師の宮本賢二さん(KENJI)が、日本を代表するトップスケーターを毎月1名、ゲストに迎えてお送りする30分のトーク番組「KENJIの部屋」。今月のゲストは、髙橋大輔さんです。第1回では子供時代のジャンプの苦労話などについて語っていただきました!

KENJIの部屋宮本賢二さんと髙橋大輔さん

――こんにちは。改めてしゃべることがないから若干恥ずかしいな

髙橋:顔と目つき怖いですよ(笑)。

――今日も男前やなあ。髪の毛切った?

髙橋:切りましたよ、フレンズ終わり。フレンズの前に切りたかったんですけど、なかなか忙しくて。

――今日のファッションのテーマは何なの?

髙橋:大人っぽく?今季は、イタ男的な、ブリティッシュ的な、アメカジ的な、ニットとかデニムでいこうかなと。

――イタ男ってどういう意味?

髙橋:イタリアの男です。

どんな子供だった?

――スケートを始めたきっかけは?

髙橋:いろいろおすすめされた結果、フィギュアスケートが一番やりたいスポーツだったんです。兄貴が少林寺拳法をやっていて、表彰されるのを見て「なんで僕のだけないの?」って言ったのがきっかけで、両親が何かスポーツをさせようかって思ったらしくて。それで野球とか球技は苦手だったし、少林寺とか空手も興味ないですし。スケートリンクが車で10分位の所にできたんで、それなら送り迎えできるしってなって。

――そのスケート始めた小さい頃って、どんな子供だったの?

髙橋:わからん(笑)。

――わからんことはないやろ!よく泣いたりしてた?

髙橋:よく泣いてましたね。学校が嫌いだったんで、団体生活というものが嫌すぎて、毎日学校行くのにぐずってた。学校ではびびってました。

――まわりに人がいっぱいいるっていうのがあんまり好きじゃない?

髙橋:めちゃめちゃおじいちゃん子だったんで、家の中でかわいく育てられたんです。外への抵抗力がなかったんでしょうね。子供ながらに、いじめられないように気をつけようとか、嫌われないように気をつけようとかね。

――気遣いは今でも変わってないもんね

髙橋:そうなんでしょうね。そんなのがあって目立つのも嫌だった。

――そんなメガネかけてるのに?

髙橋:今はね(笑)。

お知らせ

新番組 フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋 スタート
宮本賢二さん(KENJI)が、日本を代表するトップスケーターを毎月1名、ゲストに迎えてお送りします!お楽しみに!!
≫特集ページを見る

◆【髙橋大輔 エピソード1】リピート放送
11月5日(水)午後00:30 J SPORTS 4
11月7日(金)午前07:30 J SPORTS 4
11月8日(土)午後00:00 J SPORTS 4
11月9日(日)午前11:30 J SPORTS 4
11月10日(月)午後06:30 J SPORTS 4
11月13日(木)午後09:30 J SPORTS 4
11月19日(水)午後09:30 J SPORTS 4

◆11月放送予定
11月11日 (火) 午後10:00 髙橋大輔 エピソード2 J SPORTS 4
11月18日 (火) 午後10:00 髙橋大輔 エピソード3 J SPORTS 4
11月25日 (火) 午後10:00 髙橋大輔 エピソード4 J SPORTS 4

◆毎週火曜日午後10時〜 J SPORTS LIVE+オンデマンドでも配信!
PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。


スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ