シーズン開幕を来週末に控え、移籍市場がさらに騒がしくなってきた。各クラブの強化担当やスカウト、選手の代理人たちの携帯電話は鳴りっぱなしだろう。今朝あの交渉は決裂したとか、あそこのクラブは実は××を欲しがっているとか、代理人はクラブとディールをまとめたのに、選手の奥さんが反対しているとか…。真実とウソが、ごちゃまぜになって乱れ飛んでいる。株式相場とよく似ている。売り買いされるのが、株か選手かの違いだけだ。

今夏のプレミアリーグの移籍市場は、やや低調だ。だからこれから終盤にかけて、大きく動くのではないか、と予想している。なかでも興味深いのが、昨季8位に食い込んだDF吉田麻也のサウサンプトンだ。というのは、昨季の主軸のうち5人が強豪クラブに移籍した。FWランバート、MFララーナ、DFロブレン、DFショウ、DFチャンバース…。9200万ポンド(約161億円)の移籍金を手にしたが、いまのところその資金は、ほとんど選手補強に使われていない。

トットナムへ引き抜かれたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の後任として、今季からサウサンプトンを率いるのが、元オランダ代表のロナルド・クーマン監督。オランダテイストの自分好みの陣容に変えようとしているのか、といえば、そうではない。ここまで完全移籍でMFタディッチとFWペッレ、ローン移籍でDFバートランド、MFタイデルの4選手を補強しただけ。金はあるのに使わず、安く乗り切ろうとしているのが見え見えだ。

さらに昨季躍進の原動力になったMFシュネデリンも、ポチェッティーノ監督がトットナムに引っ張ろうとしている。昨季8位躍進のチームは、すでに見る影もなく、弱体化が激しい。しかもプレシーズンマッチは5連勝で15得点1失点と好調だから、今年3月に就任した元アイスホッケー選手のクルーガー会長は、これなら今季プレミアに残留できる程度の戦力はある、と考えているのかもしれない。

だがその「弱体化は激しいけど好調」という状態のなか、好機を迎えているのが吉田麻也だ。移籍したDFロブレンの代役として、センターバックを獲得すると見られたが、いまのところ具体的な動きはない。クーマン監督がプレシーズンマッチを通じて、吉田を含めた、フォンテとホーイフェルトの3人のセンターバックでやっていける、と自信を得たかもしれない。このままなら吉田が今季レギュラーを奪還しそうな情勢だ。

プレミアリーグとはいえ、資金を投じ、強くなることを目指すクラブばかりではない、ということだ。サウサンプトンのような中堅クラブでは、儲けを出すために戦力を調整することも、ビジネスとしては重要なのである。

9日には今季初のホーム試合として、開幕前最後のプレシーズンマッチ、レーバークーゼン戦が行われる。ここで吉田が先発し、昨季ブンデスリーガ4位相手にいいプレーができれば、さらにクーマン監督やクルーガー会長は「ロブレンの穴は吉田でいける」と自信を深めるだろう。そうなれば吉田は、開幕戦のリバプール戦での先発の可能性も見えてくる。

photo

原田 公樹
1966(昭和41)年8月27日横須賀生まれ、呉育ち。国学院大学文学部中退。週刊誌記者を経てフリーのスポーツライターとして独立し、99年に英国へ移住。ウェンブリースタジアムを望む、北ロンドンの12階のアパートメントに住んでいる。東京中日スポーツやサッカーマガジンに寄稿し、ロンドン・ジャパニーズの不動の左サイドバックでもある。 »Twitterアカウント »メールを送る

お知らせ

◆8月16日(土)開幕!14/15 イングランドプレミアリーグをお見逃しなく!

  • 8月16日(土)午後08:39 マンチェスター・ユナイテッド vs. スウォンジー J SPORTS 2
  • 8月16日(土)午後10:54 ウェストハム vs. トッテナム J SPORTS 2
  • 8月16日(土)午後10:54 レスター vs. エヴァートン J SPORTS 4
  • 8月16日(土)深夜 01:24 アーセナル vs. クリスタル・パレス J SPORTS 2
  • 8月17日(日)午後09:24 リヴァプール vs. サウサンプトン J SPORTS 4
  • 8月17日(日)午後11:54 ニューカッスル vs. マンチェスター・シティ J SPORTS 2
≫特集ページを見る
≫放送予定一覧を見る

◆プレミアリーグ全試合LIVE配信!PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
もれなく最大1ヵ月無料キャンペーンコードが貰える!
吉田麻也選手サイン入りユニフォーム他豪華プレゼントが当たるキャンペーン実施中!
≫特集ページを見る
≫キャンペーンページを見る

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ