都市対抗の出場チームはメイン企業業種がかつての鉄道局から各地の電電公社チームに移行しつつあった。つまり、昭和40年代となる1965年以降からは「電電○○」が多く出場するようになってきたということである。
電電勢としての最初の出場は1955(昭和30)年の電電富山である。翌56年に電電東海、58年に電電信越、59年に電電近畿と電電東京が出場すると、61年には熊本市の電電九州というように顔ぶれが増えていく。やがて丸善石油と並んで四国の雄となる電電四国は63年に初出場を果たしている。さらには追うように電電北陸、電電中国が続く。

こうして「都市対抗といえば電電ナントカ」と言われるくらいに、電電勢が後楽園球場を賑やかしていくことになる。電電公社は国有鉄道と同じで、当時「三公社五現業」と言われたうちの一つだったが、1985(昭和60)年に民営化されてNTTとなる。都市対抗野球としては、しばらくは電電時代の名残で「NTT○○」という出場チームが各地に散らばっていた。しかし、やがてチームが統合され続けていくことになる。そして気がついしたら、現在ではNTT東日本とNTT西日本のみになっていってしまったのはいささか寂しい。

電電時代到来を予告するかのように、1965(昭和40)年には電電近畿が優勝を果たすのだが、この年の大会には近畿をはじめ東京、中国(広島市)、東北(仙台市)、北陸(金沢市)と5つの電電チームが出場している。翌年には千葉市の電電関東も出場するが、電電関東はその3年後には太田市・富士重工との決勝戦を制して初優勝を果たしている。

なお、この年は第40回記念大会となり、開会式が後楽園のナイターで行われたのも話題の一つだ。本大会出場チームも大会史上最多の36代表となり、都市対抗は一層華やかさも増してきた。大会9日目には22年ぶりに天皇皇后両陛下のご観戦する天覧試合も行われた。時代も成熟してきて、日本の産業界も安定期になってきたともいえる。やがて訪れる、バブル期へのアクセルを踏み始めた時代でもあったのだ。

都市対抗が戦後復興の担い手として一役を担っていた時代は、出場チームが食糧持参で参加していた。それから幾星霜、日本は高度成長を果たしていったのである。スタンドにはカラフルな応援団が企業のプライドと名誉をかけて自チームを応援していき、華やかな舞台になっていた。

戦後すぐの時代から出場していて、この大会にも出場していたのが北九州市の八幡製鉄だった。当時は八幡市代表だったが、小倉市と統合して7番目の政令指定都市の北九州市に変わっていたが、これも発展する日本の象徴の一つでもあった。 やがて、八幡製鉄は富士製鉄と統合して日本最大の製鉄会社の新日本製鐵となり、都市対抗には新日鐵として出場するようになる。こうして、電電と新日鐵が都市対抗野球の中心となっていく時代を迎えるようになる。この時代こそ、まさに都市対抗野球全盛時代と言ってもいい頃であった。

新日鐵は広畑が71年に優勝、90年にも準優勝を果たしている。釜石、名古屋、堺、光、八幡らが相次いで出場していた80年代が新日鐵勢のピーク期でもあった。
その一方で、都市対抗野球を席巻した各地の鉄道局は、各民間企業の躍進の中で予選の壁を突破出来ないところも増えてきていた。そして、国有鉄道民営化に伴い、やがてJRに名称を変更していき今日に至ることになる。そうした中で現在はJR東日本とJR東海、JR九州がそれぞれの地域をリードする強豪となっている。

今大会に初出場となったJR西日本が今後、JR勢の常連として加わっていくことが出来るのかどうかも興味深い。

photo

手束 仁
愛知県出身。81年に國學院大學卒業後、映画会社、編集プロダクションなどを経てスポーツ作家および、ビジネス実用書等の編集制作者として独立。2012年より、メディアミックスを目指した情報発信会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。主な著書にはスポーツ関連で『プロ野球「もしも」読本』(イースト・プレス)、『「野球」県民性』『流れの正体〜もっと野球が好きになる』、『日本体育大学の底力』、『プロ野球 名言・珍言108選』(日刊スポーツ出版社)などがある。「高校生新聞」の特派記者や「ベースボールドットコム」の取材レポートなども務める。教育史として、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)もある。

お知らせ

■真夏の祭典!都市対抗野球 開幕直前スペシャル!
07月06日(日)午後00:55 J SPORTS 1

■「都市対抗野球大会」全33試合を放送!
07月18日(金)午前11:15 開会式/1回戦&2回戦 J SPORTS 3
07月19日(土)午前10:25 2回戦 J SPORTS 2
07月20日(日)午前10:25 2回戦 J SPORTS 3
07月21日(月)午前10:25 2回戦 J SPORTS 3
07月22日(火)午前10:25 2回戦 J SPORTS 3
07月23日(水)午前10:25 2回戦 J SPORTS 2
07月24日(木)午前10:25 3回戦 J SPORTS 2
07月25日(金)午前10:25 3回戦 J SPORTS 3
07月26日(土)午前10:25 3回戦&準々決勝 J SPORTS 3
07月27日(日)午前10:25 準々決勝 J SPORTS 2
07月28日(月)午後01:25 準決勝-1 J SPORTS 3
07月29日(火)午後01:00 準決勝-2 J SPORTS 3
07月29日(火)午後10:00 決勝 J SPORTS 3

»「都市対抗野球大会」特集ページはこちらから
»詳しい放送予定はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ