成績不振によりマンチェスター・ユナイテッドから解任されたデービット・モイズ監督。50歳だが、70歳くらいの老夫に見えたこともあった。

解任劇から1日半が経った23日午後、デービット・モイズ前監督が声明という形で初めてコメントと発した。そこにはなぜ解任されたか、いや解任されなければならなかったのか。その行間から、悔しさと理由が伝わってくる。

「世界で最も大きなクラブのひとつである、マンチェスター・ユナイテッドで監督を務めたことは、これからも、大きな誇りに感じる」と語り、さらに「ユナイテッドの監督という仕事のスケールはとてつもなく大きい。だが私はハードワークすることを一瞬も止めたことはなかったし、私のコーチングスタッフも同じだった」と全力を尽くしたと強調した。

そのうえで「今季、この過渡期におけるパフォーマンスや結果はクラブが過去に成し遂げたものではなく、またファンが期待したものとも遠かった。私はこれを理解するし、このフラストレーションをともに共有する」と不出来を素直に認めた。さらに「コーチングスタッフに感謝したい」、「シーズンを通じて応援してくれたファンに感謝する」と語り、「監督として学ぶことは止めない」と今後も監督業を続けることに意欲を見せた。

しかし選手については、感謝の言葉どころか、ひと言も語らなかったのだ。通常なら、たとえそう思っていなかったとしても、形式上、ひと言入れるのが通例である。あえて触れたくなかったのだろう。モイズ前監督の石頭で愚直な性格が現れている。

実は今季「モイズの練習は単調で実戦的ではない」、「戦術やビジョンが共有できない」、「一部の経験ある選手たちが不満を持っている」と漏れ伝わって来ていた。選手たちは、前任のファーガソン元監督と比べ、力量不足が透けて見えたのだろう。

これによりモイズ前監督は、選手たちとの間に信頼関係が築けず、サポートが得られなかった。一方、指揮官からすれば、選手たちが、思うようなプレーをしてくれない、という不満があったに違いない。だから、ひと言も触れなかったのだ。

最後の試合となった、モイズ前監督にとっての古巣戦、20日の敵地でのエバートン戦は、本当にひどかった。ピッチの選手たちから、「勝たなければならない」という気迫が伝わって来なかった。チームとしては、末期症状だったといえる。

クラブ側が決断した、解任の直接的な理由は、今季11敗目を喫し、来季の欧州チャンピオンズリーグの出場権を逃すなど、成績不振にある。だがクラブ側がこのタイミングで見切ったのは、指揮官と選手との人間関係が、修復不可能と判断したからだ。

真相を語らずして語った、モイズ前監督。このプレミアリーグのトップ中のトップで指揮官として成功するには、策士で二枚舌、三枚舌でなければ難しい。最後まで意地を貫いたのは、頑固なモイズ前監督らしいが、ここに氏の限界を見たような気がする。

photo

原田 公樹
1966(昭和41)年8月27日横須賀生まれ、呉育ち。国学院大学文学部中退。週刊誌記者を経てフリーのスポーツライターとして独立し、99年に英国へ移住。ウェンブリースタジアムを望む、北ロンドンの12階のアパートメントに住んでいる。東京中日スポーツやサッカーマガジンに寄稿し、ロンドン・ジャパニーズの不動の左サイドバックでもある。 »Twitterアカウント »メールを送る

お知らせ

◆週末はプレミアリーグを楽しもう!
13/14 イングランド プレミアリーグ 第36節 放送予定
4月26日 (土) 午後8:39〜午後10:54 サウサンプトン vs. エヴァートン J SPORTS 2
4月26日 (土) 午後10:54〜深夜 1:24 ストーク vs. トッテナム J SPORTS 2
4月26日 (土) 深夜 1:24〜深夜 3:54 マンチェスター・ユナイテッド vs. ノリッチ J SPORTS 2
4月27日 (日) 午後9:59〜深夜 0:30 リヴァプール vs. チェルシー J SPORTS 4
4月27日 (日) 深夜 0:04〜深夜 2:24 クリスタル・パレス vs. マンチェスター・シティ J SPORTS 2
4月28日 (月) 深夜 3:54〜午前6:30 アーセナル vs. ニューカッスル J SPORTS 2
»プレミアリーグ放送予定を見る

◆プレミアリーグの激戦が、PC、スマホ、タブレットでいつでもどこでも見られる!
J SPORTS LIVE+ オンデマンドでは、放送と合わせてプレミアリーグ全380試合視聴可能!
J SPORTS Football by LIVESPORT.TVでは、プレミアリーグ全試合視聴可能!
詳細はオンデマンドページでご確認ください。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ